search

close

東京から約1,000km離れた離島、小笠原諸島の父島にある小さな水族館です。小笠原諸島周辺で見られる生物が展示されています。

中でもユニークな展示が、アカハタ(小笠原の方言ではアカバ)の歯磨き。多くの水族館にタッチプールなどの設備はありますが、魚の歯を磨ける施設は世界的にも珍しいと思います。長い棒の先に人間用の普通の歯ブラシが付いた特性道具が用意されており、誰でも自由に歯磨き体験が出来ます。

外の水槽にいるアカハタに歯ブラシを見せると、自然と口を開けて歯ブラシをさせてくれます。不思議でした。気が付くとアカハタの歯磨き待ちの列が出来ていました。魚とこういった交流ができるなんて、これまで考えたことのなかった経験でした。




あなたの知らない
しおりをご紹介!

create このしおりを書いたライター

このライターのしおり