search

close

昨年10月の台風19号で甚大な被害を受けた「箱根登山電車」が、7月23日、およそ9か月ぶりに全線で運転を再開! 今こそ箱根の絶景にパワーをもらいに行きませんか?

今回は ittaライターの旅のしおりの中から、一度は訪れたい「箱根の絶景スポット」をピックアップしました!


※お出かけの際は各自治体や施設の公式サイトにて、新型コロナウイルスに関する最新情報をご確認ください。また、こまめな手洗いや咳エチケットの徹底など、引き続き感染症対策を心がけましょう。



彫刻の森美術館

写真:「インスタ映え間違いなし!箱根にある彫刻の森美術館へ行ってきた!」(ライター:タカハシ タカシ)より

「彫刻の森美術館」は、箱根の自然を生かして1969年に開館した、日本初の野外美術館。緑豊かな庭園に約120点の作品が常設展示されており、気軽に散策しながらアートを楽しむことができます。そんな彫刻の森美術館のシンボルともいえる作品が、「幸せをよぶシンフォニー彫刻」。塔の中は、まるでおとぎの国のような、ステンドグラスが輝く幻想的な空間が広がっています。



箱根ガラスの森美術館

写真:「【箱根】温泉以外にも魅力がたっぷり!箱根に行ったらやりたいこと5つ」(ライター:クマノミ)より

「箱根ガラスの森美術館」は、日本初のヴェネチアン・グラス専門の美術館。中世ヨーロッパを思わせる館内で、歴史あるヴェネチアン・グラスの作品展示が見られるほか、ガラス細工の体験工房も。大涌谷を望む庭園では、そよ風に揺れキラキラと輝くクリスタルガラスのアーチや、美しい季節の花々が楽しめます。



星の王子さまミュージアム

写真:「【箱根】ここは本当に日本!?絵本の世界に迷い込む『星の王子さまミュージアム』」(ライター:ちゃんちか)より

「星の王子さまミュージアム」は、サン=テグジュペリ生誕100年を祝して作られた、『星の王子さま』をテーマにしたミュージアム。展示で『星の王子さま』の著者・サン=テグジュペリの生涯を辿りながら、戦争の悲劇についても学ぶことができます。ミュージアムの外観や庭園は、まるでフランスのよう。



仙石原ススキ草原

写真:「【箱根】温泉以外にも魅力がたっぷり!箱根に行ったらやりたいこと5つ」(ライター:クマノミ)より

秋の箱根の絶景スポットといえば、「仙石原ススキ草原」。緑色の草原が徐々に色を変え、キラキラと輝く金色のススキが見られます。例年9月下旬〜11月上旬ごろが見頃で、多くの観光客が訪れる名所です。



大涌谷

写真:「丸1日満喫!箱根の定番スポットを巡るおすすめルート」(ライター:ちゃんちか)より

「大涌谷」は、約3,000年前の箱根火山の噴火によってできた爆裂火口跡。現在も硫化水素を含む噴煙が上がっており、樹木が枯れた赤茶けた山肌はまるで別の惑星のよう。展望台からその迫力ある姿を見ることができます。



芦ノ湖

写真:「丸1日満喫!箱根の定番スポットを巡るおすすめルート」(ライター:ちゃんちか)より

箱根のシンボル的存在である「芦ノ湖」は、箱根山のカルデラ湖。すっきりと晴れていれば富士山の姿も見える絶景スポットです。芦ノ湖では海賊船風の観光船が運航しており、爽やかな風を感じながらプチクルーズが楽しめます。観光スポットを巡る際の交通手段としても便利ですよ。



箱根神社

写真:「丸1日満喫!箱根の定番スポットを巡るおすすめルート」(ライター:ちゃんちか)より

「箱根神社」は、芦ノ湖に浮かぶ赤い鳥居が印象的なスポット。境内は豊かな自然に囲まれ、神聖な空気を感じられます。ご利益は、交通安全、心願成就、開運厄除など多岐にわたり、箱根随一のパワースポットとして知られています。



以上、ittaライターの旅のしおりの中から、一度は訪れたい「箱根の絶景スポット」をピックアップしてご紹介しました。都心からのアクセスもよく、自然豊かな箱根で、身も心もリフレッシュする週末旅はいかがですか?


*関連記事
>> 東京から2時間で非日常。週末は「箱根 ゆとわ」でおこもりステイ


あなたの知らない
しおりをご紹介!

create このしおりを書いたライター

このライターのしおり