search

close

インドネシアの楽園「レンボンガン島」は、日本人にも人気の旅行先・バリ島とセットで楽しめるとあって、近年注目を集めているスポット。

また旅行を楽しめる状況になったら、ぜひ行ってみてくださいね!



バリ島からたったの30〜40分!

インドネシアの「レンボンガン島(Nusa Lembongan)」は、5,000人ほどの人々が暮らす小さな離島。

バリ島からボートで30〜40分と簡単にアクセスでき、日帰り観光も可能です。

近くて簡単に行けるにもかかわらず、バリ島のビーチよりも遥かに透明度の高い綺麗な海が楽しめるとあって大人気。島の素朴な雰囲気も魅力の一つです。

小さな島でも見どころはたっぷり! 今回は、レンボンガン島を訪れるなら絶対におさえておきたい観光スポットやアクティビティをご紹介します。




美しい海でシュノーケリング

レンボンガン島でのアクティビティといえば、シュノーケリングは外せません。

エメラルドグリーンの透き通った海に感動! サンゴ礁で出来ている島なので、綺麗なサンゴにも感動します。

ライフジャケットを借りることもできるので、泳ぎに不安のある方も大丈夫!

海の中で魚の餌を持って、ハイチーズッ! たくさんの魚たちとの思い出写真を撮ることができますよ。




マングローブの森を探検!

手つかずの自然が残るレンボンガン島。 手漕ぎボートに乗って、マングローブの森を探検することができます!

ボートのエンジン音も無いので、本当に静か。

森の中に入ると空気が変わり、緑に包まれた神秘的な世界でリフレッシュできます。




絶景スポット「デビルズティアーズ」に行こう

「デビルズティアーズ(Devil's Tears)」、日本語で「悪魔の涙」と呼ばれるこの場所は、断崖絶壁の絶景ポイント!

波が崖にぶつかり、激しい水しぶきを上げています。綺麗な虹が見られることも。悪魔の涙と呼ばれていますが、行ってみるとそんな名前だとは考えられないほどの美しい場所でした。

ただし、過去には事故も起きているそうなので、くれぐれも落ちないように気を付けて!




「イエローブリッジ」を渡ろう

「イエローブリッジ」は、レンボンガン島と隣のチュニガン島を結ぶ橋。

2016年に崩落事故がありましたが、その後再建され、2017年に新しいイエローブリッジが開通しました。

鮮やかな黄色が南国の青い空と海によく映えて、旅行者には写真スポットとしても人気です!

この「イエローブリッジ」を歩いて渡り、隣の「チュニガン島」へ行くことができます。

チュニガン島も最近注目されている島ですので、時間に余裕があればレンボンガン島とセットで観光してみてはいかがでしょうか!




まとめ

バリ島からわずか30〜40分で行ける楽園、レンボンガン島。シュノーケリングやマングローブの森探検など、豊かな自然の中でさまざまなアクティビティが楽しめて、身も心もリフレッシュできました。

バリ島へ行くならぜひ、レンボンガン島にも足をのばしてみてくださいね。


あなたの知らない
しおりをご紹介!

create このしおりを書いたライター