search

close

世界の人から愛されるビーチリゾート、ハワイ。美しい自然に囲まれたハワイのお昼は、海に入ったりトレッキングしたりドライブしたりとやることが尽きません。

しかし、せっかくハワイに来たのなら昼だけでなく夜も思いきり楽しみたいですよね!
ということで今回は、ハワイの州都・ホノルルでの夜の楽しみ方をご紹介します。




夜になる直前は「アラモアナビーチ」で夕日を眺める

夜の帳が下りる前、アラモアナセンターの目の前にある「アラモアナビーチ」へ。美しい夕日が見られることで有名なアラモアナビーチで、沈みゆく太陽を眺めながらハワイが夜になるのを待ちましょう。

海に入っている人やビーチバレーを楽しんでいる人など、さまざまな人が夜になる前のひとときを楽しんでいました。逆光になって、人が影になっているのがとても絵になります。

ビーチに座って太陽が水平線に沈んでいくのをじっと眺めていると、なんだか時間の流れがゆっくりになったような感じがしました。




「ホノルルの中心部」を散策

ホノルルのメインストリート「カラカウア通り(Kalakaua Ave)」も夜になると、ガラッと雰囲気が変わります。通りには電気の街灯だけでなく松明にも火が灯り、夜のホノルルを明るく照らしていました。

さすがはビーチリゾート!ヤシの木もしっかりライティングされていて雰囲気抜群です。




「ワイキキビーチ」で波の音を聞きながら夜の海を散歩

昼間は多くの人で賑わう人気スポットの「ワイキキビーチ」。そんなワイキキビーチも夜になるとビーチを独り占めすることができるほど人が減り、落ち着いた雰囲気が漂っていました。

昼のワイキキビーチはこんなに人がたくさん!昼と夜、それぞれ違ったよさがあります。

湾曲したワイキキビーチ沿いには高級ホテルなどが並んでおり、煌びやかな夜景を眺めることができます。空気が澄んでいたら、遠くにうっすらダイヤモンドヘッドも見られるかも。

ビーチに座ったり、寝転がったりしながら星空を眺めるひとときは、とても贅沢...!
より綺麗な星空を見たかったら、ワイキキビーチの中でも少し暗いロイヤルハワイアンホテル付近がおすすめです。




「STAR OF HONOLULU」のディナークルーズに参加する

「STAR OF HONOLULU」のディナークルーズもハワイの夜を楽しむ方法のひとつ。クルージングツアーが始まるのは日の入前ですが、ディナーを楽しんでいる間に次第に暗くなっていき、帰港するころにはもう真っ暗になっています。

ディナークルーズは、ビュッフェ(大人$97)、カジュアル(大人$115)、デラックス(大人$151)、ラグジュアリー(大人$201)の4つのコースがあります。

ディナーの途中でも席を立って、デッキに上がってハワイの美しい景色を見にいくことができます。サンセットの時刻になると大勢の人がデッキから太陽が水平線に沈んでいくのを眺めていました。

日が暮れてクルーズも終盤になると、船内ではハワイの伝統ダンスショーが行われます。パフォーマーの方々の迫力あるダンスを見るだけでなく、乗客である自分たちもショーに参加して一緒に踊ったり歌ったりできるので楽しい!




「ダイヤモンドヘッド」近くから夜景を眺める

車を借りていれば、ダイヤモンドヘッド近くの小高い丘に夜景を眺めに行ってみるのもおすすめ。このあたりは真っ暗なので星もすごい綺麗に見えます。ダイヤモンドヘッドは18時になると閉門してしまい、山頂までは登ることができないので要注意!

夜ではないかもしれませんが、車がない人はダイヤモンドヘッドの頂上から日の出を眺めるツアーもおすすめです。日の出前のまだ真っ暗な時間帯にダイヤモンドヘッドに到着するので、夜景と星空を見ることができます。




「Rivals Sports Lounge」でハワイの地ビールを飲む

ディナーの後、もう少し夜を楽しみたいと思ったら「Rivals Sports Lounge」へ。入り口にはセキュリティーがいてIDを見せないと入店できないので、パスポートを必ず持参して行きましょう。

ハワイのクラフトビールの種類が豊富に置いてあったので、何人かで飲み比べをするのも楽しいです。あまり人も多くない落ち着いた感じで、しかもセキュリティーがいるので遅い時間でも安心してお酒を飲むことができました。




いくら南国といえど、夜は少しひんやりすることもあります。半袖でも寒くて過ごせないことはありませんが、薄手のパーカーなどを持っていけばより快適に夜のハワイを楽しめると思います。

また、私は夜に出歩いていても怖い思いはまったくしませんでしたが、時と場合によっては危ないこともあるかもしれません。あまりにも遅い時間は出歩かない、出歩くときは誰かと一緒に行くなど少し用心してハワイの夜を楽しんでくださいね!




あなたの知らない
しおりをご紹介!

create このしおりを書いたライター

このライターのしおり