search

close


前回記事の「ディズニーランド・パリ」から、RER(鉄道)でパリ市内へ。

この日(12月5日)はデモの影響で多くの路線が運休するとの情報が入っていたのでドキドキでしたが、なんとかパリ市内へ辿り着くことができました。

ホテルはここ。
「ホテル ルクセンブルク パルク(Hotel Luxembourg Parc)」。

パリ6区にあるとてもすばらしいホテルです。
こじんまりとしていますが、おしゃれで綺麗。受付の方もすばらしいです。


デモの影響が心配でしたが、せっかくの初めてのパリ、観光を楽しむことに。
実際に訪れたスポットをご紹介します。




まずは「ルーヴル美術館」へ!

さっそく一番の目当て「ルーヴル美術館」へ、歩いて出発。
「ルーヴル美術館」は、膨大なコレクションを誇る世界最大級の美術館。ユネスコの世界遺産「パリのセーヌ河岸」に登録されています。

でかい!きれい!確かに感動がある!

入場して任天堂の3DSをレンタル。
600点以上の作品解説が収録された、ルーヴル美術館オーディオガイドを聴くことができます。

『モナ・リザ』をはじめ、世界的に有名な作品を多数見ることができました。

しかし本当に絵が大きい。そして美しい!
いやー芸術って良いですね。




映画の撮影にも使われたレストラン「ル・トラン・ブルー」

夜は、リヨン駅構内のレストラン「ル・トラン・ブルー(Le Train Bleu)」へ。
リュックベッソンの映画『ニキータ』で、ニキータがターゲットを暗殺するシーンに使われたレストランです。

内装が豪華!
お客さんは年配の方が多く、気品があります。

ここではエスカルゴを食べてみました。
味は... うーん、ノーコメント 笑




『ダ・ヴィンチ・コード』の舞台!「サン・シュルピス教会」

無料で入場できる「サン・シュルピス教会」。
天井が高く、豪華な内装に感激! 本当に静かで神聖な空気が感じられました。

ちなみにここは『ダ・ヴィンチ・コード』で一躍有名になった教会。作中で “ローズライン” と呼ばれている場所を探しちゃったりします。




ステンドグラスが美しい教会「サント・シャペル」

続いて、美しいステンドグラスで有名な教会「サントシャペル」へ。
こちらは入場に一人10ユーロかかります。(11~3月の第1日曜日は無料だとか。)

13世紀に建てられた歴史ある教会で、芸術的なステンドグラスが美しいです。




「凱旋門」と「シャンゼリゼ通り」

シャンゼリゼ通りに出て凱旋門へ。
ここの道路はどうなってるの?ってくらい車が四方からやってくる感じでぐちゃぐちゃ。素人は運転できません。

シャンゼリゼ通りは他の地域と違って断然明るい。日本で言う表参道ですね。ハイブランドの路面店もたくさん。

ちなみに、いろいろネットでハイブランドの価格が安い、安くないと書かれていますが、今はネット時代。フランスのハイブランドのウェブサイトも見られるので価格は確認できます。
ルイ・ヴィトンやディオールは物によりますが、1〜2割ほど安く買えるものもありました。ベルルッティやモンクレールは文句なしに安く買えます。ウキウキでお店巡りしてました。

実はこの日オペラを予約していたのですが、なんとデモの影響でオペラが中止に・・・。凱旋門とシャンゼリゼ通りの見学の日となりました。




「ラデュレ」で朝食

翌朝はシャンゼリゼ通りにある、マカロンで有名な「ラデュレ(Laduree)」で朝食。

忘れられたのかと思うほど出てくるのが遅かったですが、ベーコンのエッグベネディクトがとてもおいしかったです。




豪華絢爛な「ベルサイユ宮殿」

この日は「ベルサイユ宮殿」へ行ってきました。
入場パスポートチケット20ユーロで、日本語版の音声ガイダンスが付いてきます。この音声ガイダンスで歴史的背景など聞きながら進むと面白いです。ただ見て終わりにならないので、かなり時間を要します。

絵画も建物も素晴らしく、中でも、やはり一番人気の「鏡の間」が本当に美しい。

途中間違えて並んでしまった場所。ベルサイユ宮殿内でオーケストラ演奏があったようです。こんなところでオーケストラの演奏が聞けるなんて最高だろうなー。

ベルサイユ宮殿はパリ市内から少しだけ離れているのでちょっと敬遠していたのですが、パリ旅行の際には必須で行くべきと思います。




セーヌ川クルーズで夜景を楽しむ

帰り道にエッフェル塔に寄って、さらにセーヌ川のクルージングに参加。

クルージングは一人15ユーロ。これも夜景がすばらしく、よかったです。
エッフェル塔の夜景、クルージングの夜景、セーヌ川の優雅さ、プライスレスです。




「オランジュリー美術館」でモネの作品を鑑賞

アート好きなら外せない「オランジュリー美術館」。
巨匠クロード・モネの代表作「睡蓮」のために作られた展示室が有名です。
一枚の写真におさまらないほど大きな作品を、間近で楽しむことができます。




スタートアップが集まる「Station F」を見学

普通の観光スポットだけでなく、1000社を超えるスタートアップ企業が集まる「Station F」にも行ってきました。
もともと駅舎だった建物をリノベーションして作られています。

カフェレストランなどのオープンスペースもあり、スタートアップの若者がアイディアを出せる環境が整っていました。




ランチには美味しいガレットを。

最後はこちらの「Crepe Avenue」というお店でランチ。
フランスと言えばガレット!

最高においしいガレットでした。
ここはおすすめ!



デモの影響でオペラが中止になるなどのハプニングはありましたが、初めてのパリ観光を楽しめました。
(※ご旅行の際は、最新情報に十分ご注意ください。)



あなたの知らない
しおりをご紹介!

create このしおりを書いたライター

このライターのしおり