search

close


こんにちは、ももベルです。

11月も中旬に入り、肌寒い日が続いていますね。
皆さまいかがお過ごしでしょうか?
ドイツでは、少しずつクリスマスのデコレーションなどが店頭に並び始めています。

私はドイツに暮らし始めて半年が経ちますが、来た当初は日本との文化や習慣の違いに驚きの連続でした。

今回の記事では、ドイツで感じたカルチャーショックについて皆さまにシェアしていきたいと思います。


《目次》
1.エコバッグは必須!
2.ドイツの犬事情とは?
3.日曜日はお店が閉まる?
4.クーラーがない!?
5.オーブンは一般的!
6.いろんな国の料理が食べれる!
7.風邪を引いたら、ハーブティー
8.ヨーロッパ旅行し放題!
9.みんな自由!
10.ドイツ人はゲームがお好き?




①エコバッグは必須!

ドイツのスーパーやドラッグストアでは、買い物袋は基本的に有料です。

多くの方はエコバッグやリュックなどを持参しています。

服屋さんなどではお買い物すると基本的に袋はもらえますが、お会計の際に「袋はいりますか?」と必ずと言っていいほど聞かれます。

私も、ドイツ生活を通してエコの意識が少しずつ芽生えてきました。

資源や環境を大切にしているドイツだからこその取り組み、とても素敵な習慣ですよね。




②ドイツの犬事情とは?

ドイツに来てとても驚いたこと、それは町中至る所にワンちゃんがいるということ!

公園などの散歩場所を始め、電車などの交通機関で飼い主さんがワンちゃんを連れて乗ってくることもよくあります。時にはリードなしでお散歩されていることも!

ドイツでは、Hundeschule(フンデシューレ)という犬の学校があり、しつけのためにワンちゃんを通わせるのが一般的なのだとか。

その為、しつけがきちんとされており、大人しいワンちゃんが多い印象です。

驚くことに、ほとんどのレストランでワンちゃんの入店は許可されています。




③日曜日はお店が閉まる?

ドイツでは法律上で『閉店法』というものが定まっており、カフェやレストラン、駅や空港内を除いたほとんどのお店は日曜や祝日に営業をしていません。

日本人の私からすると『日曜日=書き入れ時』というイメージだったので、ドイツに来た当初はとても衝撃的でした。

金曜日や土曜日になると「あっ、やばい!買い物しとかないと!」と急いで買い物に行くこともあります(笑)

お買い物には少し不便かもしれませんが、日曜日にお家や公園で大切な人達とのんびりする習慣はすごく素敵だと感じました。

また、『人と人との繋がりの大切さ』や『幸せ』をより身近に感じられるようになった気がします。




④クーラーがない!?

ドイツでは一般家庭を始め、電車やバスなどの交通機関、スーパーや仕事場などでもクーラーがないところが多いです。

ドイツでは夏の期間が短いことやエコの観点から、クーラーを設置している施設やお家が少ないんだとか。

湿度も低く蒸し暑さも少ないので、比較的日本の夏よりは過ごしやすい印象です。たまに、40度近くの気温になることもあるので少し辛いですが…(泣)

そんな時は、涼しい朝晩に換気をし、日中は窓やカーテンで熱や光をシャットアウトするという方法を行なっています!

この方法は現地の方に教えていただきました!意外に涼しいです(笑)




⑤オーブンは一般的!

ドイツの家庭では、オーブンは一般的。

一軒家のお家に限らず、マンションなどでも多くのお家にはオーブンが備わっています。

ご飯ものを始め、お菓子づくりにも気軽に使えるので、ドイツ生活には欠かせません。

誕生日・クリスマスシーズン・ティータイムなど様々なシチュエーションでケーキを作るためにも活躍しています。




⑥いろんな国の料理が食べられる!

ドイツはとても国際色豊かな国。様々な国籍の人がドイツで生活を送っています。

その影響もあってか、ドイツでは多国籍な料理を味わう事ができます。

私が知っている限りでも、『日本・韓国・中国・ベトナム・ギリシャ・イタリア・トルコ・インド・台湾・メキシコ』のレストランがあります。

選択肢が多い分、何を食べようか決めるのは大変です(笑)

しかし、旅行中の方や長期滞在の方でも飽きずに食事を楽しめると思います。




⑦風邪を引いたら、ハーブティー?

ドイツで風邪や体調を崩して病院に行くと「お家で安静にして、ハーブティーを飲んでください」とお医者さんに言われる事が多いです。

なぜなら、ドイツでは『風邪=ハーブティーを飲む』というのが一般的で、風邪や熱の時にお薬や病院に頼る習慣があまりありません。

ハーブティー1つとっても、体調や気分によって飲み分けることが出来るので、ドイツではハーブティーが国民飲料として愛されています。




⑧ヨーロッパを旅行し放題!

ドイツに住んでみて、「本当によかった!」と思ったこと。

それは…『ヨーロッパ旅行がとっても気軽に行ける』ということ。

特にEU加盟国なら、基本的にパスポートチェックなしでいけますし、国によっては電車や車で旅する事もできます。

ドイツに来て半年ほどですが、ポーランド・スイスの2カ国に旅をしました。また、近々イタリアとギリシャにも行く予定です。

値段もとってもお手頃。安いところであれば、飛行機往復1万円以内で他の国に行く事ができます!

ヨーロッパに長期で旅行や留学に来られる方は、色々な国を回るのもオススメです!




⑨みんな自由!

私が思うドイツ人の印象 = The 自由 ※いい意味です(笑)

服装や髪型などの見た目を始め、人の目を気にせず、各々好きなことを楽しんでいるイメージがあるからです。

『自分らしくいること』を皆さんとても大切にしている気がします。

彼らに影響を受けたおかげか、日本にいた頃と比べると人の目を気にすることが少なくなりました。

今では、自分らしく、のびのび暮らしています(笑)




⑩ドイツ人はゲームがお好き?

ドイツでは家族と過ごす時間、お友達同士でのパーティー、普段遊ぶ時など様々なシチュエーションでゲームをする機会があります。

みんなで集まる時は、カードゲームやボードゲームで遊ぶのが一般的。

ドイツ人の知り合いに聞いたところ、「ドイツ人はシャイな人が多いのでコミュニケーションの1つとしてゲームをする事もあるよ」と教えてくれました。

世代を超えて、言語も関係なく、みんなで楽しめるものがあるって素敵だなと思いました。




以上、ドイツ生活で感じた日本との違い10選でした!
いかがでしたでしょうか?

日本を飛び出してみると、今までの常識が『常識でなくなる瞬間』があります。
驚くことも多いですが、様々な発見や視野を広げるきっかけにもなるので面白いです。
旅って不思議な魅力がありますね。

ぜひ皆さんも旅行などに行かれる際は、文化の違いなども楽しみの1つとして素敵な時間を過ごしてみてくださいね。

最後まで閲覧いただきありがとうございました。

皆様が素敵な1日を過ごせますように by momobell


あなたの知らない
しおりをご紹介!

create このしおりを書いたライター