search

close
2019-09-10

【ラオス】この秋、直行便就航予定! 古都ルアンパバーンは旅の楽しみが全部詰まった欲張りタウン


近年、日本での知名度もぐっと上がったルアンパバーン。のどかな雰囲気のこの町は、実は観光も食事も買い物もぜーんぶ楽しめる欲張りな町。こじんまりとした町なので徒歩でも十分満喫できる他、レンタサイクルを利用すればあちこち足を延ばすことも可能。
個人的にも大好きな町で、東南アジアへ行く度訪れています。この秋ついに直行便が就航予定のラオス・ルアンパバーンの魅力をたっぷりご紹介します。





プーシーの丘からルアンパバーンを一望

ルアンパバーンを訪れたら外せないのがプーシーの丘。別名「仙人の丘」とも呼ばれ、地元の方にも観光客にも大人気のスポットです。

階段は少し急ですが、登り切った先ではルアンパバーンを一望出来ます。頂上から見るルアンパバーンの街並みは最高の一言!日の出や夕日を見に行くのもおすすめです。





町中に点在する寺院はまるで芸術品

熱心な仏教徒が多いラオスには沢山の寺院があります。ルアンパバーンも例外ではなく、歴史的な寺院が多く点在しています。中には70年もかけて建てられたものもあり、煌びやかで繊細な装飾が施された寺院の数々はまるで芸術品です。

入場料がかかる所もありますが、自由に見学出来るお寺もあります。いずれのお寺も観光名所ではなく信仰の場です。お勤め中は入らず、露出を避けた服装を心掛けるなどマナーを守って見学しましょう。

またルアンパバーンは早朝の托鉢でも有名。鮮やかなオレンジの袈裟をまとったお坊さんたちが朝もやの中を列になって進んでいく様は幻想的。

フラッシュを焚かなければ撮影も可能ですが、お坊さんたちの行く手を遮ったりせず、迷惑にならない範囲で写真を撮らせてもらいましょう。観光客のマナー悪化が問題視されているのが残念です。




クアンシーの滝で一泳ぎ

時間に余裕があったらぜひ訪れてほしいのがクアンシーの滝。ルアンパバーン中心部からトゥクトゥクなどで約1時間の所にあるこちらの滝は、天然のプールのようになっていて泳げる場所があるんです。(滝のある自然公園に入るのに入場料がかかります)

美しい空色の水を湛えた滝はとっても幻想的。水は夏場でもひんやりしていて気持ちいいです。簡易の更衣室もあるので安心。

飛び込みが出来るスポットもありますが、乾季になると水量が減るようなので飛び込む前に確認を!また、危険だったり神聖な場所ということで泳ぐのが禁止されている箇所もあります。水泳禁止の看板が出ていないかよく確認してから、安全に楽しんでくださいね。

奥へ進むと大きな滝も待っています。迫力がすごい!

滝の上まで登れますが、足元が悪く滑りやすいのでしっかりした靴で行くのがいいと思います。

ルアンパバーン郊外にはクアンシーの滝以外にも、パークウー洞窟など観光客に人気のスポットがいくつかあります。個人で行くことも可能ですが、日帰りツアーがお手頃な値段で数多く催行されているので申し込んでみるのもおすすめ。宿泊先や町中の旅行会社に相談してみるといいですよ。




異国情緒溢れるナイトマーケットでラオスクラフトを手に入れよう

個人的にルアンパバーンで一番のお気に入りが、ルアンパバーンの中心地で毎晩開催されるナイトマーケット。沢山のお店が立ち並び、可愛い雑貨がライトに照らされる光景は何度訪れても胸が高鳴ります。

17時過ぎ、ちらほらお店が出始める時間。早めに行くと人も少なくゆったり見られます。ぐるっとマーケットを回りながら、お目当てのものを探す時間が最高に楽しい!

プーシーの丘の入り口から見たナイトマーケット。ぎっしりテントが並ぶ様子は圧巻です。

地元の方の手作りの工芸品や雑貨が多いんですが、最近ではタイや中国など近隣の工場で作られたような雑貨が増えてきている印象を受けます。折角買うなら地元の方の手作り雑貨を選ぶと思い出に残ると思います。
おすすめは草木染の手織りスカーフや刺繍のブローチや布絵本、手漉き紙のノートなど。

ちょっと不格好だけれど手作りの温かみを感じられる、自分だけの一点ものラオスクラフトを探してみてくださいね!




屋台グルメが楽しい & おいしい!

ルアンパバーンでは屋台グルメにも挑戦してみましょう。ナイトマーケットの屋台はもちろん、朝だけ出る屋台もあります。

また中心部には一日中屋台が並ぶエリアがあり、フレッシュなフルーツジュースやサンドイッチ・クレープなどを楽しむ事が出来ます。

数ある屋台の中でもぜひ挑戦していただきたいのが、ナイトマーケットの入り口近くにある細い通りに並ぶ屋台。お菓子やお惣菜、焼き魚などが所狭しと並びます。

中でも圧巻なのが屋台バイキング。1皿大体100円前後で好きなおかずをお皿に盛り、近くのテーブルで食べる事ができます。

飲み物、大きな焼き魚やお肉は別料金なのでご注意を!

ごちゃごちゃとした雑多な雰囲気ですが、それがまた旅情を感じられ、思い出深い体験になること間違いなし!ただとても狭く人通りも多いので、貴重品の管理には気を付けてくださいね。




薬草サウナ & マッサージでリラックス『Lemongrass Sauna & Tradituinal Massage』

ルアンパバーンでのもう一つの楽しみが薬草サウナとマッサージ。ルアンパバーンには薬草サウナが5つほどありますが、アクセスの良い『レモングラスサウナ & トラディショナルマッサージ』をご紹介します。レストランや雑貨屋さんが多く並ぶエリアにある薬草サウナ。
レモングラスをたっぷり使った香りの良いスチームサウナを男女別で楽しむ事が出来ます。少し狭いですが、ほとんど周囲の様子がわからないくらいにもくもくと焚かれたスチームは熱めでリフレッシュ効果抜群!観光客にも人気で混みやすいので、オープン後早めに行くのがおすすめです。

マッサージコーナーもあり、サウナの他、ハーバルやストーンなど色々なマッサージを体験することが出来ます。サウナの後のマッサージは格別です。ぜひ木造のあたたかみのある建物で風を感じながらマッサージを堪能してみては?




ゆったりした空気が流れるルアンパバーンはのんびりするのにぴったり!東南アジア初心者さんでも楽しめると思います。
現在は日本からの直行便がないためアクセスしづらいルアンパバーンですが、11月には熊本からの直行便が就航する予定。この秋ぐっと近くなる予定のラオス・ルアンパバーンをぜひ訪れてみてはいかがでしょうか?




あなたの知らない
しおりをご紹介!

create このしおりを書いたライター

このライターのしおり