search

close


Bremenです!
東京ミッドタウンのイベントと言えば、冬のイルミネーションが有名ですが、同じ場所で真夏にイベントをやっていることを先日知り、早速撮影してきました。




「MIDTOWN LOVES SUMMER」とは

2019年7月12日(金)〜8月25日(日)に東京ミッドタウンにて開催される夏のイベント「MIDTOWN LOVES SUMMER」。
縁側に腰掛けて霧に包まれながら楽しめる巨大なアート庭園や、屋外にいながら畳の上でくつろげるテラスなどが登場し、五感で涼を感じられます。

“日本の夏の素敵な「涼」の数々を 東京のまん中に集めました。わずかな変化やふとした景色のなかに涼をみたて、風情を味わう あたらしい「日本の夏の涼」をご一緒に。”
公式サイトより





ASHIMIZU presented by 伊右衛門

ミッドタウン・ガーデンを流れる小川には、京都の川床をイメージさせるせり出した席が登場しています。小川に足を浸して涼を楽しめます。
小川沿いは、青紫色・白色のアガパンサスが見頃になっています。また、色鮮やかな朝顔がまもなく楽しめます。

※14:00~20:00(雨天・荒天中止、火曜日定休日)

夜にはライトアップされ、半透明のシェードがライトでカラフルに変化します。




ザ・プレミアム・モルツ TATAMI TERRACE ~涼空庵(すずそらあん)~

ミッドタウン・ガーデンの芝生には、畳のテラス 涼空庵が置かれ、寝転んだり自由にくつろげる空間になっています。昼の写真は人が多すぎたため控えました。

※17:00~22:00 (ライトアップ時間)




ROKU MIDPARK LOUNGE

サントリースピリッツ(株)が販売するジャパニーズクラフトジン「ROKU (ロク)」とコラボレーションした屋外ラウンジでは、まるで室内の空間のようなテーブルセットの他に、緑のソファーのような椅子などがあり、木陰で涼を感じながらカクテルやフードを満喫できます。

※平日 17:00~22:00(ラストオーダー 21:30)/ 土日祝・振休 15:00~22:00(ラストオーダー21:30)/ 8月13日(火)~8月16日(金)は土日祝の営業時間

入口は屋外にもかかわらず、のれんや提灯などでおしゃれ感を演出しています。

提灯が外灯になっていて、独特な雰囲気をかもしだしています。





水と生きる SUNTORY 光と霧のデジタルアート庭園

このイベントのメインは芝生広場に出現する巨大なデジタルアート庭園です。枯山水をモチーフにしたアート庭園は、霧(ミスト)の演出とともに幻想的な空間へと変化し、夜には「砂紋」や「花火」をイメージした光の演出が加わります。縁側に座って涼を体験できます。

※霧演出 15:00~23:00、光演出 18:00~23:00

縁側の下や岩の周りから霧(ミスト)が噴出します。

ガレリアブリッジから18:00前の霧(ミスト)の全体の様子です。皆さん縁側に座って光の演出を待っています。

夕暮れの18:00からは、霧(ミスト)に光の演出が加わります。縁側に座って涼を感じながら鑑賞できます。

縁側の端から光の演出を撮影した4ショットです。色の変化と光の演出が楽しめます。

ガレリアブリッジからは、芝生広場の演出全体を見ることができます。ここから眺めると、デジタルアート庭園の異空間ぶりが実感できます。




ガレリア アトリウムからの眺め

芝生広場の向かい側のガレリア アトリウムへは、ガレリアブリッジから道路を横断することなく行かれます。アトリウムからはガラス越しにデジタルアート庭園が眺められます。




最後に

東京ミッドタウンで開催中の「MIDTOWN LOVES SUMMER(ミッドタウン ラブズ サマー)2019」は「日本の夏の涼」がテーマとなっていて、各ゾーンで納涼体験ができる演出になっています。
六本木のミッドタウンのアートな趣向凝らした空間で、日本の涼を体験してみてはいかがでしょうか?

演出の時間や期間、内容などは公式サイトで詳細をご覧ください。
>> MIDTOWN LOVES SUMMER 2019



あなたの知らない
しおりをご紹介!

create このしおりを書いたライター

このライターのしおり