search

close

愛媛と高知の県境にある「四国カルスト」。
標高1,000mを超える高原がいくつも連なって出来ているカルスト高原で、“日本のスイス”とも言われているスポットです。

その四国カルストには絶景のドライブルートがあるんだとか!ゴールデンウィークに車で四国を回っていた私も行ってきました。




愛媛と高知の県境がある「天狗高原」

複数ある高原の中で、私が最初に行ったのが「天狗高原」。天狗高原からの眺望は素晴らしく、遠くの山々まで見渡せます。“日本のスイス”というのも納得です。空気が澄んでいるので、深呼吸がとっても気持ちいい!

天狗高原の天狗荘近くには、愛媛と高知の県境があります!
県境をジャンプしている動画を撮っている人、県境に寝転がって写真を撮っている人など、皆、思い出に残る面白い一枚を撮影していました。

さらにセラピーロードなるものもあり、その入り口にはなにやら大量のウッドチップの山がありました。ウッドチップは歩く人の足腰への負担軽減と遊歩道整備のためにあるようです。私も赤い袋にウッドチップを詰めて、それを撒きながら散策を楽しみました。

確かに雄大な自然が広がっており、絶景なのは間違いないけれど想像していたカルスト台地とは何かが違う...。カルスト台地というと、山口県にある秋吉台のような白い石灰岩が草原にゴロゴロしているイメージではないですか?

▲ 日本最大級のカルスト台地・山口県の秋吉台

気になって調べてみたら、石灰岩がゴロゴロしている場所はちょっと違う場所のようなので早速移動!




絶景ドライブルート「天空の道」

四国カルストを横断する県道383号線は「天空の道」とも呼ばれる絶景ドライブルート!
窓を全開にして風を感じながら、大草原に広がる石灰岩を横目にドライブなんて最高です。




これぞカルスト!「五段高原」

草原に石灰岩の岩肌がゴツゴツ出ている、これぞカルスト!という景色を見ることができるのが五段高原。春〜秋にかけては牛などの家畜も放牧されており、とてものどかな雰囲気です。 

近くで見ると石灰岩の大きさにびっくり!




絵になる景色が広がる「姫鶴平」

五段高原からさらに西に車を走らせると、急に視界が開けるポイントがあります。そこが「姫鶴平(めづるだいら)」。緑の草原にポツンとオレンジ色の屋根の厩舎と風車が立っており、絵画のような景色が広がっています。

姫鶴平はキャンプ場などもあり、四国カルスト観光の拠点となるスポット。
姫鶴荘付近は他の場所に比べて人が多く、道路に人が飛び出してくることもあるので、注意しながら運転するようにしましょう!





松山市や高知市など四国の大都市から車で約2時間と遠く、車がないとアクセスするのが難しい四国カルスト。人が少ないので、雄大な自然を独り占めしているような気分を味わうことができます。

日本全国、色々なところをドライブしてきましたが、5本の指に入るほど気持ちの良いドライブでした。四国に行く機会があったらぜひ四国カルストを訪れてみてください!




あなたの知らない
しおりをご紹介!

create このしおりを書いたライター

このライターのしおり