search

close


みなさんこんにちは。毎日お疲れ様です。

次の休みどこにいこうかなー、毎日満員電車疲れたなー、自然を感じてリラックスしたいなー
なんて方!!アイスランドはいかがでしょう。

日本からとても遠い国ではありますが、自然が豊かで治安も良く、最近では日本人旅行者数が増加傾向にあります。私はこれまで29カ国訪れましたが、その中でも1位、2位を争うくらいおすすめの国です。そんな魅力溢れるアイスランドをご紹介します。




世界最大の露天風呂「ブルーラグーン」

こちらの写真はブルーラグーンのほんの一部でしかありません。この温泉はなんといっても世界最大。

気温が0度〜10度ほどしかないアイスランドで、温かいお湯に浸かる、、なんて幸せですよね。

ブルーラグーンは水着を着て入ります。温泉の中には飲み物が買えるスタンドがあったり、泥パックができたり。また、お湯が熱めの場所や座れる場所などもあるので何時間でも入れてしまいます。

ここの施設、人気なので予約制です。ハイシーズンだと何ヶ月も前から予約がいっぱい、、なんてことも。アイスランド旅行が決まったらすぐに予約しておくことをおすすめします。また、チケットは入場時間が1時間ごとに設定されており、日にちと時間を選ぶ必要があります。一度入れば制限時間はないので、長くいたい方は早めの時間を予約すると良いのではないでしょうか。

ブルーラグーンは、中心地であるレイキャビクからバスも出ているので比較的行きやすいですよ。




大陸の割れ目でシュノーケルができる!「シルフラの泉」

わかりますでしょうか。この透明感。

ここは北アメリカ大陸とユーラシア大陸の割れ目なんです。大陸の間で泳ぐことができるのはここだけ。ここの水は数十キロも離れたところにある氷河が溶けてできたもので、真水なんです。なんとも不思議で、自然の凄さを感じますね。

アイスランドでシュノーケルと聞くと、寒そう!と思われるかもしれませんが、ドライスーツを着用するので大丈夫。中にスウェットや防寒着を着込んでスーツを着るので寒くありません。

シルフラの泉はレイキャビクから車で30〜40分。機材やガイドがつく必要があるのでツアーに参加することが一般的なようです。私はGuide to Icelandというツアー会社を利用しました。レイキャビク内でピックアップもあるのでおすすめです。
>>Guide to Iceland




自然が作り出す氷の洞窟を探検しよう!

辺り一面氷。こんな世界見たことありますか。

ガイドさんについていき、氷の割れ目を降りていくと地下にはこんな絶景が広がっています。とても美しくてまさに絶景です。

この洞窟は自然に作り出されるもので、毎年大体11月から3月頃の寒い時期にしか行くことができません。ただ、年によって異なるので事前に調べて行くことをおすすめします。

そしてこの絶景ですが、厄介なのが場所。氷の洞窟は、ヴァトナヨークトル氷河の近くにあります。夏に溶けた水が寒くなるにつれ、固まることで洞窟ができるそうです。しかしこの氷河、レイキャビクから車で5〜6時間ほどの距離にあります。しかし、レイキャビクでピックアップのある日帰りのツアーはなく、レイキャビクから氷河まで行く公共機関もありません。そのため、行く際にはレンタカーで行くか2日間や3日間のツアーを利用することになると思います。




オーロラを見よう!!

>>My Aurora Forecast & Alerts(App Store)
>>My Aurora Forecast - Aurora Alerts Northern Lights(Google Play)

アイスランドはオーロラが綺麗に見える地域でもあります。残念なことに私が訪れた9月は見ることができませんでしたが、2月に訪れた友人はかなり綺麗に見ることができたそうです。

こちらのアプリはオーロラの出現確率が地域ごとに%で見られるもの。アイスランドにいる現地の方に教えてもらったものなので、ぜひ行く際は使ってみてください。また、オーロラを見に行くツアーもあります。見られなかった場合は次の日も行くことができたり、安くなったりと、会社によって異なるので調べてみてください。




大自然を満喫してみては?

ここまでいくつかアイスランドの魅力をお伝えしてきましたが、まだまだ魅力はたくさん。特に私がおすすめしたいのはドライブ。ただ走っているだけでこんな素晴らしい自然に出会えることができます。レイキャビク市内にもレンタカーショップは多くあります。自然の中を走り、たまに車を停めて降りて自然を感じる、なんていう旅はいかがでしょうか。

アイスランドは公共機関があまりなく不便な面もありますが、レンタカーやバス、ツアーを利用して楽しむことができます。また、ツアー会社はレイキャビク内に多くあるので行ってから申し込むことも可能です。

次の旅行はアイスランドへ行って、大自然の中で日々の疲れを癒してきてください。




あなたの知らない
しおりをご紹介!

create このしおりを書いたライター

このライターのしおり