search

close
2019-02-02

話題の可愛いボトルドリンクが東京でも飲める!「Cafe no. HARAJUKU」


大阪で誕生し、続々と新店舗を展開している話題のお店「Cafe no.(カフェナンバー)」。シンプルなロゴが入った長方形のボトルは、インスタで目にしたことがあるという人もいるのではないでしょうか。

先日2018年12月21日には、東京1号店となる原宿店もオープン。SNSがとってもオシャレだったので、実際に行ってみることにしました!





どこから撮ろう? フォトスポットだらけの店内

「Cafe no. HARAJUKU」までは、JR原宿駅から徒歩8分ほど。竹下口を出て明治通りの一本裏の道をまっすぐ左に進むと、「FLAG神宮前」という建物があり、その1階にオシャレな看板がでています。

店内は意外にも広々とした空間。テイクアウトがメインのスタンドはあまり座席がないイメージですが、ここは20人くらい座れそうです。若者を中心に賑わっていましたが、平日の昼間ということもあり、列に並ぶほどではありませんでした。

壁にはあちこちに手描きのイラストが散りばめられており、お客さんはみんな撮影に夢中!

ドリンクを置いて撮れるセットや

ロゴの描かれた壁

自撮りに便利な鏡まであります!





見た目も楽しいカラフルなドリンクがずらり!

注文カウンターのすぐ横には、ボトルドリンクの並んだ冷蔵庫がありました。

上から、ストロベリーミルク、グリーンティーミルク、チョコレートミルク、マンゴーヨーグルトとブルーベリーミルク、コーヒーミルクと、カラフルな品揃え! 見ているだけでワクワクしてきました。

代金の支払いは、事前にこちらの券売機で。ボトルドリンクのほかにも、タピオカドリンクやシェイク、原宿店限定のストロベリースカッシュなど、いろいろ魅力的なメニューがあるので迷います! 2人で4種類買っているカップルもいましたよ。

この日わたしが注文したのは、人気の看板メニュー「ストロベリーミルク(税込 600円)」。ストロベリーミルクを買ったら、ここで写真を撮らないわけにはいかないでしょう!

ちなみに、手に持って絵の先端とボトルの口の位置を合わせるか、台に置いて斜め下のアングルから撮ると、より注がれている風の写真が撮れます。

ペットボトルのように口をつけて飲むのかな…?と思っていたのですが、注文カウンターの脇にストローがありました! 挿したままだとキャップはできないですが、かわいく飲めます!笑

ドリンクの中には、いちごのジャム(?)が入っていて、味や喉越しにアクセントがあります。甘すぎないので、ごくごく飲めちゃう!






「Cafe no.」のドリンク、ここがスゴイ!

あまりにも店内がかわいくて、ついつい写真を撮りすぎてしまいました。せっかくなので、私が「Cafe no.」のドリンクを飲んで、ここがスゴイ!と思ったポイントとともにご覧ください!

①ドリンクの色が映えるおしゃれなデザイン

カップがかわいいカフェは他にもたくさんありますが、「Cafe no.」のボトルは、カラフルなドリンクの色味が際立つシンプルなデザイン! ネイルの色に合わせてドリンクを選ぶのも楽しそうです。

②キャップ付き

キャップ付きのボトルなので、飲みかけでもカバンにしまえるのが嬉しい! もちろん、人混みや電車移動も心配ありません。写真を撮る際も、斜めに傾けたり、横にして置いて上から撮ったり、さまざまな構図で楽します。

③四角いボトルで持ちやすい

独特の四角いボトルは、片手で2個持ちだってできるサイズ感! 迷って2種類買ったときでも、ちゃんと1枚の写真に映すことができますよ。スマホのように、上着やズボンのポケットに入れられるのも便利です。

④冷たすぎない

このボトルドリンクは冷蔵庫で保管されているのですが、キンキンに冷えた状態で売られていないのもポイント! 冷たい飲み物でお腹を壊しやすい人にも安心ですし、寒い日に外で飲み歩きすることもできます。






オシャレなドリンクを、思う存分撮影して楽しめる「Cafe no.」原宿店。今度は友達と一緒に来て、ボトルドリンクを全色揃えてみたいです!!




あなたの知らない
しおりをご紹介!

create このしおりを書いたライター

このライターのしおり