search

close
2018-11-30

【銀座】光のアクアリウムでマナティーと触れ合う!「Water Journey in Ginza」が開催中


2018年10月3日(水)〜 12月12日(水)の期間、銀座で開催されている「Water Journey in Ginza 〜水の循環でつながる世界〜」。このイベントは東京の一等地で開催されているにもかかわらず、可愛らしい海洋生物“マナティー”と触れ合えるんだとか!どういうことなのか気になったので、先日行ってきました。




イベント開催中の「METoA銀座」

東急プラザ銀座内に併設されている「METoA Ginza」。ここでは三菱電機の製品やテクノロジー、さまざまな企業活動を新しいカタチの映像や展示で楽しむことができます。




不思議なオブジェのある「METoA Cafe & Kitchen」

イベントが行われているのは「METoA Ginza」の2階と3階ですが、1階にある「METoA Cafe & Kitchen」でも現在、「水の循環」をテーマにしたイベント限定メニューが提供されています。

流れ落ちているはずの水が上がったり、止まったりして見える、とっても不思議なオブジェも1階にあります。惹かれるデザインで見入ってしまいそうになりましたが、時間があまりなかったので足早にイベント会場の3階へ。




体験しながら水の循環を学べる!

エレベーターを降りたらすぐに「Water Journey in Ginza 〜水の循環でつながる世界〜」の看板と入口を発見!3階フロアには、私たちの生活に欠かせない“水”の、知っているようで意外に知らない情報が盛りだくさん。展示を見れば私たちが何不自由なく水を使えている理由がわかるかもしれませんよ。

子供でもわかりやすいアニメーションで水の循環を学ぶことができます。私たちが安心して水を使えるようになるまでには様々なテクノロジーが駆使され、多くの工程を経ていることを再確認できました。

「マイクロバブルシューティング」では、洗剤を使わずに油汚れを取り除く“マイクロバブル”の効果を体験することができます!ゲームセンターでよく見るシューティングゲームの要領で、次から次へと出てくる食器類の汚れを落としていきます。

「水を知るクイズラリー」も行われています。クイズの答えは全て2階と3階のどこかに書かれているので、3階を見終わったら、次は2階へ!




マナティーと触れ合う、光のアクアリウム

私が一番楽しみにしていたのが、2階の「マナティーと光のアクアリウム」。
このフロアは64面ディスプレイと床面のプロジェクションによって作り上げられたアクアリウムにマナティーが泳ぐ、癒しの空間です。監修はアフリカマナティーを実際に飼育している三重県の鳥羽水族館が行なっているのでとってもリアル。

ディスプレイ内でゆったりと泳ぐマナティーは見ているだけで癒されます!

顔のあたりに両手で輪っかを作ると、ディスプレイにバブルリングが現れます!他にも両腕を上げ下げして泡を発生させたり、片手を振り下ろしてマナティーに餌をあげたりすることもできます。

ソファに座りながらディスプレイを眺めていると急に大量の泡が現れて、オレンジ色の背景に変化しました。時間によって光の色が変化するので、ずっと見ていても飽きません。

タイミングが良ければ、手で作ったバブルリングをマナティーが潜ってくれて、本当にマナティーと遊んでいるような気分になります!




以上、「Water Journey in Ginza 〜水の循環でつながる世界〜」をご紹介しました。
無料で誰でも入場できるので、ぜひ可愛らしいマナティーと触れ合いに行ってみてください!




store紹介した場所

METoA Ginza

place
104-0061
東京都中央区銀座5丁目2−1
(GoogleMapで見るopen_in_new)
directions_transit
銀座駅(銀座線 / 丸の内線 / 日比谷線)C2・C3出口 徒歩1分
access_time
11:00 - 21:00
無料

あなたの知らない
しおりをご紹介!

create このしおりを書いたライター

このライターのしおり