search

close


食欲の秋!
旬の食材を堪能するべく、はとバスツアーに友人と参加してきました。今回参加したバスツアーは、食べ放題と大自然満喫が魅力のプランです。
ちなみに私は、関東ITソフトウェア健康保険組合の補助を使って、ほぼ半額でお得に行ってきました!




浜松町のはとバスターミナルから8:30出発

日帰りバスツアーは、どのプランも早朝出発。朝はつらいですが、バスの中で寝られる!と思えば頑張れます。

今回のバスは「レガート」という名の、お化粧室付きのバスです。30人ほどしか乗車できない、ゆったりめの座席間隔。そしてなんと、ガイドさんが行きと帰りに温かい緑茶を入れてくれるという、今まで参加したバスツアーでは体験したことのないサービスが!! バス内でも楽しく快適に過ごせます!




「那須の恵みMekke!」でブッフェ堪能

2時間半ほどで、ステーキが自慢と噂の「那須の恵みMekke!」に到着。

平日は、写真のお値段より少しお安く利用できるそうです。
営業時間が11:00-15:00と限られているので、そこだけご注意ください!

店内は、中央にオープンキッチン。席数が176席もあり、かなり広々としています。
今回のはとバスツアーでは70分という制限があったため、とりあえず名物のお肉をゲットしに行き、旬のお野菜も美味しいと聞いていたのでそちらも一緒によそってきました。

お肉の種類も多い上に、珍しい野菜のてんぷらや、野菜のしゃぶしゃぶなどもあり、また、ジャージー牛乳を使ったスープやデザートも堪能しました!
もっと食べたいけど、おなかいっぱいで入らない、、、という状態まで食べましたw 70分は短いような気がしていましたが、デザートまで食べられて充分満足できる時間でした。

Mekke!内にはマルシェもあり、そこでお土産も購入!




「那須りんどう湖レイクビュー」を散策!

Mekke!を出るとすぐ横に、テーマパーク「那須りんどう湖レイクビュー」の入口があります。今回のバスツアーの料金には、那須りんどう湖レイクビューの入園料も含まれているんです!

この日は台風が近付いており、少し雨が降っていましたが、それでもりんどう湖は綺麗でした。
動物とふれあえるスペースもあり、エサやりも体験できます。

時計台では、チーズやソーセージ、お菓子などのお土産も購入できます。おすすめは、「ジャージー発酵バター」。ジャージー牛乳や飲むヨーグルトも美味しいです!




紅葉の季節におすすめ!「那須ロープウェイ」

那須りんどう湖レイクビューを出発して30分ほどで、「那須ロープウェイ」に到着します。那須連峰の主峰でもある茶臼岳の9合目まで、一気に上れてしまうという素敵な乗り物です。

霧で何も見えないかと心配でしたが、なんと! 紅葉まで見られるという奇跡が!

9合目では気温が10度ほどしかなく、すごく寒かったですが、石碑前で写真撮影!

この日は雨が降っており、山頂まで行くのは危険!とのことで断念しましたが、9合目でも充分良い眺めでした。

寒すぎたので、そそくさと下りのロープウェイへ。




最後の目的地「チーズガーデン那須本店」へ

「御用邸チーズケーキ」と言えば、ご存知の方も多いのではないでしょうか。東京スカイツリーのソラマチにも店舗がある「チーズガーデン」。その本店へ向かいます。

那須ロープウェイからは、40分くらいでしたかね。
ハロウィンが近いこともあって、カボチャが置いてありました。

店内はすごく広い!
奥にカフェも併設されており、御用邸チーズケーキや、ここでしか食べられない限定スイーツ「シューバター」などもイートインできるそうです。

お土産としては、御用邸チーズケーキはもちろんのこと、季節限定の栗のチーズケーキ、他にも2個入りの購入しやすいお菓子、たくさんの種類のチーズやソーセージがありました。

チーズケーキの試食もあり、これを食べたら購入せざるを得ない美味しさです。しかもホールサイズで1,280円という、意外にも手頃なお値段! ここでも、お土産を購入。

ここの御用邸チーズケーキが忘れられず、ソラマチのチーズガーデンに、チーズケーキを求めて行ってしまいそうなほど美味しかったです。




帰りは、バスの中でのんびり寝て東京駅に到着。
移動中に何も考えずに寝ることができるというのが、バスツアーのいいところでもありますよね。

今回は、関東ITソフトウェア健康保険組合の補助を使って参加しましたが、補助なしでもまた参加したいほど大満足な日帰りバスツアーでした!
食べ物がおいしく、紅葉がきれいな季節。おなかいっぱい食べて、大自然も堪能できて、のんびり移動できるバスツアーに参加されてみてはいかがですか?


>> はとバス 日帰りツアー


あなたの知らない
しおりをご紹介!

create このしおりを書いたライター

このライターのしおり