search

close


素晴らしい朝焼けを見た日は、なんだか良い一日になりそうな気がしませんか?今回はittaライターの旅のしおりの中から、日本と海外の美しい朝焼けが見られるスポットをピックアップしました!




1.大洗磯前神社(茨城)

写真:【茨城】朝日×鳥居の神々しい絶景!「大洗磯前神社」で日の出を見てきた(ライター:かずのこ)

海の上の岩礁に建てられた鳥居が人気を集めている「大洗磯前神社」。朝焼け×神磯鳥居はもちろん、朝日が昇る前の「ブルーアワー」の時間帯も必見!写真好きなら一度行きたいスポットです。

鳥居や朝の漁に出る漁船が影になり、まるで絵画のような絶景が広がります。中でも美しい光景が見られるのは昇ってきた朝日が鳥居の中にすっぽりとおさまる瞬間です。


「大洗磯前神社」の旅のしおり
>>【茨城】朝日×鳥居の神々しい絶景!「大洗磯前神社」で日の出を見てきた(ライター:かずのこ)




2.富士山(山梨・静岡)

写真:【富士山】チャンスは夏だけ! 富士山からの3大絶景を拝む旅(ライター:ちゃんちか)

日本のシンボル的存在である「富士山」。7月上旬〜9月上旬までの夏の期間のみ登山道が開放され、一般登山客も登ることができるようになります。2018年の登山シーズンは終わってしまったので、また来年の登山シーズンを待ちましょう。

シーズンの間は多くの人が御来光を一目見ようと山頂を目指します。あまりの神々しさに思わず手を合わせて拝みたくなってしまうことでしょう。


「富士山」の旅のしおり
>>【富士山】チャンスは夏だけ! 富士山からの3大絶景を拝む旅(ライター:ちゃんちか)




3.千畳敷展望台(徳島)

写真:【徳島】激写必至!?あの手この手で「鳴門の渦潮」を観てみよう(ライター:numata)

兵庫と徳島を結んでおり、日本の道100選にも選定されている「大鳴門橋」。瀬戸内海国立公園特別地域に位置し、風光明媚な周囲の景観と調和して美しい景色を作り上げています。中でも、鳴門海峡がオレンジ色に染まる光景は絶景です!

早朝の千畳敷展望台では、淡路島から昇ってくる朝日と大鳴門橋のコラボが見られます。この2つに加えて、渦潮も見られたらかなりラッキーです!


「大鳴門橋」の旅のしおり
>>【徳島】激写必至!?あの手この手で「鳴門の渦潮」を観てみよう(ライター:numata)




4.宗谷岬(北海道)

写真:【北海道】本土最北端!宗谷岬の魅力と素敵な民宿 宗谷岬(ライター:nuamata)

日本最北端の地「宗谷岬」。天気が良ければ43キロメートル先のサハリン(現ロシア領)が正面に見え、日本の最北端であることを実感できます。旅人なら一度は行ってみたい最果ての地です。

前方・左右の三方向が海なので、ダイナミックな朝焼けが見られます。オホーツク海の水平線から昇る朝日をのんびり眺める、そんな朝の過ごし方もいいかもしれませんよ。


「宗谷岬」の旅のしおり
>>【北海道】本土最北端!宗谷岬の魅力と素敵な民宿 宗谷岬(ライター:nuamata)




5.旭平展望台(小笠原諸島・父島)

写真:【小笠原】世界遺産『小笠原諸島・父島』で、贅沢な島っ子の日常を覗き見!(ライター:オルカ)

東京ながら竹芝桟橋からフェリーで24時間かかる「父島」。世界自然遺産にも登録されている小笠原諸島の一部で、美しい自然が広がる常夏の島です。

父島の中で朝日が美しく見られる「旭平展望台」には原付をレンタルしていくのがおすすめ!ここから朝日を眺めれば最高の1日になることでしょう。


「父島」の旅のしおり
>>【小笠原】世界遺産『小笠原諸島・父島』で、贅沢な島っ子の日常を覗き見!(ライター:オルカ)




次のページでは海外の美しい朝焼けスポットをご紹介!




あなたの知らない
しおりをご紹介!

create このしおりを書いたライター

このライターのしおり