search

close


6.ダイヤモンドヘッド(ハワイ)

写真:【初めてのハワイ】ここに行けば間違いなし! オススメの3泊5日モデルプラン(ライター:かずのこ)

多くの日本人が訪れるハワイ・ホノルルのランドマーク「ダイヤモンドヘッド」。朝は個人よりもツアーで行く方が圧倒的に楽なので、ツアーに参加をすることをおすすめします!

山頂までは30分〜40分くらいのハイキングですが、観光客がズラーっと連なっており、自分のペースで歩くことはできません!山頂の展望台は多くの人で賑わっているのでしっかりと朝日を眺めるポジションを確保しましょう!


「ダイヤモンドヘッド」の旅のしおり
>>【初めてのハワイ】ここに行けば間違いなし! オススメの3泊5日モデルプラン(ライター:かずのこ)




7.サハラ砂漠(モロッコ)

写真:【モロッコ】都市と砂漠、動と静を感じるモロッコ(ライター:BLUE)

見渡す限り砂の大地が続く「サハラ砂漠」。アフリカ大陸の3分の1を占める巨大なサハラ砂漠ではツアーも開催されており、砂漠のど真ん中でテントを張って眠るという特別な体験ができます。

夜明けの少し前にテントを出て、小高くなっている砂丘にのぼり、朝日を眺めるスポットを見つけましょう!朝日が昇ると空だけでなく、砂の大地もオレンジ色に染まります。


「サハラ砂漠」の旅のしおり
>>【モロッコ】都市と砂漠、動と静を感じるモロッコ(ライター:BLUE)




8.フィッツロイ(アルゼンチン)

写真:【アルゼンチン】これぞ、世界一かっこいい山!! 黄金に輝くフィッツロイ(ライター:SAORIGRAPH)

手付かずの大自然が残るパタゴニアにそびえ立つ「フィッツロイ」。アウトドアブランド「patagonia(パタゴニア)」のロゴにもなっている、標高3,405メートルの山です。

剣のようなカッコいいフィッツロイは山頂から徐々に朝日に照らされます。中でもフィッツロイが黄金色に輝く瞬間は見逃せません!大自然が織りなす絶景とはまさにこのことです。


「フィッツロイ」の旅のしおり
>>【アルゼンチン】これぞ、世界一かっこいい山!! 黄金に輝くフィッツロイ(ライター:SAORIGRAPH)




9.ウユニ塩湖(ボリビア)

写真:【ボリビア】絶景の代名詞!“天空の鏡・ウユニ塩湖”をおさらいしよう(ライター:SAORIGRAPH)

世界一有名な絶景スポットと言っても過言ではない「ウユニ塩湖」。“天空の鏡”とも称されるウユニ塩湖ですが、水鏡の絶景が見られるのは12月~3月の雨季の期間だけなんです。あとの時期は干上がった塩の大地が広がります。

朝の時間帯は淡い色合いが美しく、他の時間帯の絶景とは違った良さがあります。空が濃い青から紫、ピンクと美しいグラデーションに変化するブルーアワーは必見です。


「ウユニ塩湖」の旅のしおり
>>【ボリビア】絶景の代名詞!“天空の鏡・ウユニ塩湖”をおさらいしよう(ライター:SAORIGRAPH)




10.シュエダゴン・パゴダ(ミャンマー)

写真:2017年東南アジアで出会った、心に残る風景 10選(ライター:ton)

ミャンマーの旧首都・ヤンゴンにある黄金の寺院「シュエダゴン・パゴダ」。パゴダには約9,000枚もの黄金プレートが貼り付けられ、パゴダの頂上の風見鶏には76カラットものダイヤモンドが使われています。

朝焼けのオレンジ色に染まった空と、朝日に照らされて黄金色に輝くパゴダは、見る人の心を魅了する絶景です。


「シュエダゴン・パゴダ」の旅のしおり
>>2017年東南アジアで出会った、心に残る風景 10選(ライター:ton)




11.アンコール・ワット(カンボジア)

写真:【カンボジア】一度は訪れたい世界遺産!「アンコールワット」朝昼夕それぞれの顔(ライター:Tom)

カンボジアを象徴する遺跡で、国旗の中央に描かれている「アンコール・ワット」。19世紀中頃までジャングルに埋もれていた遺跡ですが、今では世界中から観光客が集まる観光名所になっています。

アンコール・ワットの後ろから朝日が昇ってくる光景は神々しいの一言!クメール建築の最高傑作と言われているアンコール・ワットが朝日によって影になっているのも美しいです。


「アンコール・ワット」の旅のしおり
>>【カンボジア】一度は訪れたい世界遺産!「アンコールワット」朝昼夕それぞれの顔(ライター:Tom)




12.グエル公園(スペイン)

写真:【スペイン】実は無料で入れる!? お得に楽しみたいフォトジェニックスポット「グエル公園」(ライター:Saho)

可愛いタイルでデザインされている「グエル公園」は、世界遺産にも登録されているので、日中は多くの観光客で溢れます。対して早朝は人が少なく、自分のペースで観光できるのでおすすめです。

グエル公園は高台にあるので、朝日に照らされてオレンジ色に染まるバルセロナの街を一望することができます。朝は逆光になり、綺麗な写真を撮ることは難しいので、綺麗な景色をしっかりと目に焼き付けましょう。


「グエル公園」の旅のしおり
>>【スペイン】実は無料で入れる!? お得に楽しみたいフォトジェニックスポット「グエル公園」(ライター:Saho)




以上、世界の美しい朝焼けスポットをご紹介しました。
旅の目的の1つとして「美しい朝焼けを眺める」というものがあってもいいのではないでしょうか?

あなたの知らない
しおりをご紹介!

create このしおりを書いたライター

このライターのしおり