search

close

7月下旬、生まれてはじめて、富士山に登ってきました!
友人たちと5人で、山小屋に1泊しての挑戦です。(5人とも初富士登山!)

登山初心者としての感想や、富士山からの絶景をお届けします。

富士登山のために新しく準備したもの

・本格的な登山靴
・厚手の靴下
・コンパクトに収納できる軽いダウンジャケット(UNIQLO)
・羊羹など、登山中に手軽に糖分を補給できるもの

普段履くようなスニーカーは破れてしまうこともあるそうです。登山靴は慎重に選び、ケチらずに良いものを買いました。
また、富士山の上は寒いので、ダウンやカイロなどが必須です。

歩いて登るのは5合目から

東京都内から富士山の麓まで、友人の車でドライブ!
この日はかなり天気が良く、気持ち良い道のりでした。

富士山の麓からは、バスに乗って5合目に向かいます。
5合目にはお土産屋さんもあり、登山をしない観光客もちらほら見かけました。

馬もいました!
5合目〜7合目あたり?までは、馬に乗って登ることもできるそうです。
馬にも興味がありますが、、私たちはもちろん歩きで出発!

いざ、登山スタート!

登り始めてすぐ、馬を乗りこなしながら登山する女の子を発見!!!
雲のすぐ近くで馬に乗る姿は、なんだか幻想的でした。

5合目〜6合目あたりは山道がなだらかで、比較的軽装でも大丈夫でした。
(靴と靴下だけは、登山用のしっかりしたものを履きましょう!)

私は、帽子(キャップ)・Tシャツ・薄手のパーカー・長ズボン(ストレッチ性のあるもの)・厚手の靴下・登山靴 というスタイルです。
ただし、高度があがるにつれてどんどん寒くなりますので、リュックに軽いダウンジャケットを入れて行きました。

6〜7合目あたり。山肌を真っ白な空気が覆い、雲の中を歩いている感覚です。
薄い空気の中を、歩けど歩けどゴールが見えない。普段運動をしない私にとっては地獄でした。

私「もう無理。」
友「じゃあお前だけ下山しろ。」
のやりとりを何度したことか。

みんなでしりとりやゲームをして気持ちを紛らわせ、かろうじて進むことができました。
友人のうちの一人は高山病になってしまったらしく、かなり辛そうでした、、。

狭くて急な道は渋滞していました。
意外にも、小学校低学年くらいの子供やお年寄りの方が多いことにびっくり。

最後のパワーを振り絞って、7合目の山小屋に到着しました。

水が無い!寝返り打てない!

私たちは、7合目の「鳥居荘」という山小屋を利用させていただきました。
夕方こちらでカレーをいただき、その後すぐに就寝。
頂上で御来光を拝みたい人は夜中の12時に起きて、日が登るまでに頂上を目指すというスケジュールです。
ハード!

山小屋では不便なことがたくさんありました。
当たり前なのですが、基本的に水がありません。
歯磨きをするときは、500mlのペットボトルの水(1本500円)を買い、友達と分けあって使いました。
日常生活で忘れがちだった水の大切さをひしひしと感じます。
また、寝るときは男女関係なく、知らない人も一緒です。

私は両隣が友達だったのでよかったですが、すぐ近くでは知らないおじさんが大きないびきをかいていました。
2枚の布団で3人が寝るようなかんじで、寝返りをうつこともできません。

こういった不便さはあったものの、山小屋からの景色の美しさ、横になって休むことができる安堵感、夕食のカレーやお弁当がいただける喜びなど、やはり感動のほうが上回っていました。

特に感動したのが、間近で見る雲海!
果てしなく広がる雲の上で、ごはんを食べたり歯を磨いたり。
夢の中にいるような、不思議な感覚でした。

夜はなかなか寝付けず、友達とみんなで山小屋の外に出たのですが、そこに広がっていた絶景にも驚きました。
かなり近くで、無数の星が強い輝きを放っていたのです。
私たちが富士山に登った日はちょうど流星群の見頃で、夜空を見上げるといくつもの流星群を見ることができました。

御来光!!!

夜中の12時に、男性陣が頂上へ向かうのを見送り、私は高山病の友達と7合目に残りました。
早朝、いよいよ朝日が顔を出します。

どれくらいの間じっと見つめていたか分かりません。
思わず息をのみました。

頂上まで登った友達からも写真が送られてきました。

富士山から日の出の瞬間を眺めていると、なんとも不思議な気持ちになります。
使い古された表現ですが、「パワーをもらった」というのが一番しっくりくる感想です。

初めての富士登山で感動したこと3つまとめ!

1.富士山で食べるお弁当のおいしさ

何の変哲も無いお弁当ですが、富士山で食べるとめちゃくちゃおいしい、、!
これはもう、富士山の上で食べた人にしか分かりません。

2.雲海・星空・御来光の美しさ

私は勝手に「富士山3大絶景」と呼んでいます。
富士山から見た雲海、流れ星いっぱいの夜空、御来光は、一生忘れることはないと思います。

3.下山後のソフトクリームと温泉は最高!

5合目まで下山し、贅沢品のソフトクリームを!
達成感と美味しさとで涙が出そうになりました。
その後は富士急近くの温泉で気持ち良く汗を流しました。

きっと一人では挑戦できなかったであろう富士登山。
友達とのかけがえのない思い出ができました。

富士山に登ることができるのは、7月上旬〜9月中旬のみ!
宿泊できる山小屋は埋まってしまうこともあるので、お早めの予約をおすすめします!

あなたの知らない
しおりをご紹介!

create このしおりを書いたライター

このライターのしおり