search

close


毎年行われている、金魚だらけのアートアクアリウム。
“金魚”と“涼”を求めて、今年初めて行ってきました。



日本橋が盛り上がる! ECO EDO 日本橋

アートアクアリウムの開催期間である2018年7月6日(金)〜9月24日(月・祝)、コレド室町では金魚をモチーフとした食べ物が多くのお店で売っている「金涼祭」も開催されています。

また、コレド室町1・2の間の仲通りでは、金魚の大提灯が飾られ、足元に花火が打ちあがる演出もあり、日中でも夜でも楽しめる街道となっています。



8月1日(水)〜8月29日(水)には、近くの船場から「納涼金魚ちょうちん船」も運行され、かき氷食べ放題付きで大人3500円、子供2000円で乗船できます。予約必須ですので、興味のある方は こちら からお申込みください!
私も、去年乗り損ねたので今年こそは行きます!!

他にも、8月3日(金)〜8月26日(日)には、コレド室町3にある「橋楽亭ゆかたステーション」にて1日浴衣をレンタルすることができるので、浴衣でぶらぶらするのも楽しそうです。




金魚や錦鯉が8000匹! 涼を楽しむアートアクアリウム

さて、目的のアートアクアリウムへ。

今年の新作は、天井金魚だとか。
これは見たい!と思いながら、入口へ進みます。

当日券は、中学生以上1000円、小学生以下600円で購入できます。

入口から入ると、さっそく新作が!


金魚が大きい!!
ヒレが立派な金魚たちが天井でたくさん泳いでいました。

天井金魚たちの道を抜けると、開けた空間に錦鯉や大政奉還金魚大屏風があります。






来場されている方は、みなさん、たくさん写真を撮られていました。


屏風のあったところから少し進むと、たくさんの種類の金魚がそれぞれの水槽で泳いでいました。ここでは、金魚の種類もわかります! 金魚って、いったい何種類いるんだろう。。


この空間の奥には、お酒好きにはたまならない “獺祭バー” が!

ただし、19時以降開店とのことで、今回は断念しました。。。
出口から外に出ると、獺祭以外にもドリンクが売っています。

金魚をモチーフに作られたスイカのカクテル「ピンポンパール」や「らんちゅう」など、金魚の名前そのままのカクテルが楽しめます。また、お酒が苦手な方でも楽しめるノンアルコールカクテルもあります。

私は日中に行ったので、今回は、金涼祭のパンフレットで紹介されていたさわやか系ソフトドリンクを求めて、外へ。




夏にぴったり。千疋屋総本店 レモンスカッシュフロート

コレド室町の向かいにある、千疋屋総本店に行きました。 店舗が広く、カフェスペースや、2階にレストランもあるそうです。

カフェスペースにて、お目当てのレモンスカッシュフロートを注文しました。

上に乗っている赤いゼリーが、おそらく金魚をイメージしているのだと思われます。
タピオカ以外にフルーツゼリーもたくさん入っていて、飲みごたえがありつつ、酸味があるためスッキリした味わいです!



他にもこの時期限定の金魚スイーツやお酒、グッズがたくさんあるので、浴衣レンタルと金魚ちょうちん船のついでに、またぶらぶらしに来ようと思います!

この夏はぜひ、涼を求めて日本橋を散策してみてはいかがですか?



>> ECO EDO 日本橋 2018
>> ECO EDO 日本橋 アートアクアリウム2018

あなたの知らない
しおりをご紹介!

create このしおりを書いたライター

このライターのしおり