search

close
2018-05-23

【台湾】“柴犬社長”に会えるかも? 日本食が食べられる、高雄の「喜八珈琲店(Shiba cafe)」


台湾一人旅でちょっぴり日本の味が恋しくなって、日本食が食べられるというカフェへ行ってみました。

高雄のMRT美麗島駅から徒歩5分ほどの路地裏に位置する、「喜八珈琲店(Shiba cafe)」。一人でも入りやすい雰囲気で、フリーWi-Fiも完備されており、観光の合間の休憩に便利なカフェです。




社長は柴犬・・・?

さて、気になるのが「Shiba cafe」という店名。(※「喜八」は、中国語で「シバ」と発音するそうです。)

なんでも、“柴犬社長” の愛称で可愛がられている柴犬が、オーナーに連れられてときどきお店に来ているんだとか。決して猫カフェのような形態のカフェではなく、行けば必ず柴犬に会えるというわけではありません。今回は残念ながら会えなかったので、お店のインスタグラムに掲載されている写真をご紹介!

二〇一八🐕 #kaohsiung #shibacafe #お正月 #シバ

喜八珈琲店 Shiba caf'eさん(@shiba_cafe)がシェアした投稿 -


柴犬社長がいるのは週に1回程度なんだそう。運が良ければ、可愛い柴犬社長にお目にかかれるかも・・・?




おしゃれな内装

1階にはテラス席が数席と、注文カウンターがあるのみ。2階へ上がると、可愛らしい内装が迎えてくれました。

この日、自分以外に外国人観光客らしき人の姿は見当たらず、台湾の若者たちで賑わっていました。地元民に混ざってのんびり過ごすのも良いですね。




お茶漬けや日本茶も!

店内を利用する場合の注文方法は、
1階でオーダーシートとメニューを受け取る → 席を確保し、オーダーシートに注文したいものの個数を記入 → 1階のレジに持って行き、お会計を済ませる
という流れ。オーダーシートやメニューには英語表記もあるので、中国語が分からなくても安心です。

ふわふわのパンケーキなど、おしゃれカフェらしいメニューもあるのですが・・・ メインはなんと、おにぎりとお茶漬け! メニューは “日式” をコンセプトにしているようですね。

日本茶もあります!

▲「焗烤明太子」(80元)と「深蒸煎茶」(80元)

今回は冷たい煎茶と、明太子おにぎりを注文しました。

おにぎりに添えられて出てきた赤いものは、梅干し・・・かと思いきや、甘くてびっくり! 食べても正体が分かりませんでした(笑)

明太子おにぎりの上には、たっぷりの炙りチーズ。この組み合わせが美味しくないわけがない! 夜市で台湾グルメを食べ歩く日が続いていたので、日式のおにぎりとお茶でほっこり癒されました。


居心地の良いカフェだったので、次に高雄を訪れるときもぜひ寄りたいと思います。
次回は柴犬社長に会えますように・・・!


あなたの知らない
しおりをご紹介!

create このしおりを書いたライター

このライターのしおり