search

close
2018-04-28

【初めてのイタリア】花の都の名所を完全制覇。「フィレンツェ」2泊3日おすすめモデルプラン

【2日目】朝:ドゥオーモの「クーポラ」から景観を満喫

2日目の朝は、ドゥオーモの「クーポラ」に登り、気持ちの良いフィレンツェの風を感じましょう。ジョットの鐘楼よりも良い点は、周りを囲むフェンスが低く、視界に入らないことです。そのため視界いっぱいにフィレンツェの景色を堪能することができます、

クーポラにたどり着く前に“最後の審判”をモチーフにしたフレスコ画の傑作や大きなステンドグラスがあるので道中も飽きません。入場するには、時間指定のチケットを事前に予約しなくてはならないので注意してください。



【2日目】午前:IL BOTTEGONEでモーニングを。

朝から何も食べていないのでお腹はペコペコ。サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂目の前にある「IL BOTTEGONE」でちょっと遅めのモーニングをいただきましょう。

パニーニやサンドイッチ、クロワッサンなどのフードメニューがかなり充実しているので、がっつり食べたい人も軽く済ませたい人も満足できるお店。もちろんモーニングには欠かすことのできないコーヒーも絶品。



【2日目】午前:フィレンツェ栄光の歴史「メディチ家礼拝堂」へ

優雅なモーニングタイムを過ごしたら、ドゥオーモから少し歩いた場所にある「メディチ家礼拝堂」に向かいましょう。大理石や半貴石で建てられた豪華絢爛なバロック様式のこの礼拝堂は、雰囲気や色使いなど様々な点で他の礼拝堂とは一線を画しています。中でも見所はミケランジェロ設計の新聖具室。

建設された当時、衰退の一途を辿っていたメディチ家が、市民に富と名声を認識させるために建造したと言われています。シーズンとオフシーズンとで営業時間が異なるなど、わかりづらい点があるため、事前に下調べしておきましょう。



【2日目】午後:フィレンツェの中心「サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂」の美しい建築に圧倒される

フィレンツェの中心である「サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂」。白大理石を基調としており、イタリアのゴシック様式を取り入れたその外観は、訪れた者の目と心を奪うほどの美しさ。「花の聖母」という意味も納得です。

多くの教会が入場料をとるのに対して、この大聖堂は無料で入れます。しかし、時間によっては30分〜1時間程度並ぶので時間を有意義に使いたい場合は、もう少し早い時間に訪れるのがオススメ。



【2日目】夕方:「ジョットの鐘楼」からフィレンツェの街並みを一望

「ジョットの鐘楼」は、サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂のすぐ近くにあるので大聖堂見学後に行くのがオススメ。頂上からはフィレンツェの美しい街並みを一望することができます。ここからの景色を眺めると「あぁ、フィレンツェに来たな」と実感することができます。

エレベーターはなく、ひたすら階段を登ります。階段の幅が狭いので、降りてくる人と譲り合いながら登ります。狭いですが、「サンキュー」「グラッチェ」などの暖かい言葉が飛び交う素敵な場所です。



【2日目】夕方〜夜:フィレンツェのショップで買い物を満喫!

「グッチ」、「サルヴァトーレ・フェラガモ」、「エミリオ・プッチ」などの高級ブランド店が本店を構えているフィレンツェはショッピングの街でもあります。高級ブランドの大きな紙袋を持っているときは周囲に十分に注意してくださいね。

トルナブオーニ通り・ストロッツィ通り・ローマ通り・シニョリーア広場が主なショッピングスポット。何時間でも滞在できてしまうので、あらかじめ自分の欲しいものに目星をつけておくと良いかもしれません。



【2日目】夜:「フィレンツェ中央市場」で地元の味を堪能

地元の味を味わえる「フィレンツェ中央市場」のフードコート。パスタやピザはもちろん、肉料理や軽食など幅広い料理が揃っているので、気分に合わせて料理を選ぶこともできます。ただガヤガヤしており、聞き慣れないイタリア語で番号を呼ばれるので聞き逃してしまうことも。でもすぐに英語でも番号を呼んでくれるので安心。

朝の10時から24時まで営業しているので、買い物に夢中になって遅くなってしまっても安心です。フィレンツェのレストランで美味しいトスカーナ料理を味わうのもいいですが、地元のB級グルメを味わってみるのもおすすめ。



【3日目】午前:「ウフィツィ美術館」で名作を堪能

フィレンツェ最終日は、イタリア国内にある美術館の中でも収蔵品の質、量共に最高水準の「ウフィツィ美術館」の名作に触れましょう。全展示をサラッと鑑賞するなら3時間程度で回ることができます。

「プリマヴェーラ(春)」や「ヴィーナスの誕生」など日本でも有名な作品が展示されているので知っている作品に出会えることでしょう。人気観光スポットなので、時間指定のチケットを事前にネットで購入してから訪れることをオススメします。(時期によってチケットの値段に変動あり)



【3日目】お昼:発祥の地でジェラートを堪能

イタリアンジェラート発祥の地であるフィレンツェ。もちろん旅の最後は美味しいジェラートで締めです。今回、私が訪れたのは「Gelateria Perchè No」。

混雑しておらず、店内の小さな椅子でジェラートを食べていると、気さくな店員さんが話しかけてくれる素敵なジェラート屋さんでした。12時開店なので、お昼過ぎ頃に訪れましょう。



初めてのイタリア周遊旅行を最高の旅に!


以上、初めてのフィレンツェ旅行にぴったりの観光スポットをご紹介しました。
連休などで少し長めの休暇を取れた際は、ぜひ足を伸ばしてフィレンツェを訪れてみてはいかがでしょうか?



あなたの知らない
しおりをご紹介!

create このしおりを書いたライター

このライターのしおり