search

close
2017-08-02

8月がベストシーズンの海外旅行先と、それぞれの旅のしおりをピックアップ!

こんにちは! itta編集部です。

今回は、8月が観光のベストシーズンにあたる海外旅行先をお届けします!気になる場所があれば、実際にその地へ行ったライターによる旅のしおりをぜひご覧ください。


スリランカ(北東部)

スリランカは地域によって観光に適したシーズンが異なります。北東部を訪れるなら、雨の少ない5〜9月がベストシーズン。

北インドから移住してきた人々によって王国が築かれた歴史を持ち、国内には仏教の遺跡とともに多くの古都が残されています。

聖地「アヌラーダプラ」のほか、ラピュタの世界のような空中宮殿「シーギリヤ遺跡」など、世界遺産に登録されている見所が盛りだくさんです!

スリランカの旅のしおり
>>【スリランカ】栄華と悲劇が交差するシーギリヤ遺跡(ライター:BLUE)



フランス(モンサンミッシェル)

海に浮かんだ小島にそびえたつ、かの有名な修道院モンサンミッシェル。実は毎年7月から8月にかけての季節限定で、夜間拝観が行われているんです。

普段はその夜の姿を外側から見ることしかできませんが、期間中はコンサートやアートの催し物でより一層盛り上がります。ぜひ音楽とイルミネーションで彩られた美しき修道院の姿を、その目に焼き付けてみてはいかがでしょう。

モンサンミッシェルの旅のしおり
>> フランスでもっとも有名な巡礼地、モン・サン=ミシェルの楽しみ方(ライター:BLUE)



チェコ(プラハ)

チェコのプラハにも日本と同様に四季が存在しますが、夏の気温はそれほど高くなく、乾燥していて過ごしやすいため観光のベストシーズンといえるでしょう。

赤屋根が連なるメルヘンな景観のその古都は、あちこちに街を眺められる塔がある「百塔の街」。おとぎ話の世界にタイムスリップしたような気分で、いろいろな角度からその街並みを味わってみてください。

プラハの旅のしおり
>>【チェコ】美しき古都プラハ、メルヘンな景観を眺めるオススメスポット!(ライター:BLUE)



イギリス(ロンドン)

雨の日が多いイメージのロンドンですが、8月は夏らしくカラッとした気候で、平均気温も17度と最も快適に過ごせるシーズンです。

また8月の最終日曜日にはノッティングヒルカーニバルが開催されるため、カリビアンミュージックに合わせて華やかな衣装の人々が街を練り歩き、イギリスにいながら南国のような雰囲気が楽しめます。見所満載の観光地ロンドン、せっかくならベストシーズンに訪れて思いっきり堪能してはいかがでしょうか。

ロンドンの旅のしおり
>> 効率的にロンドンを満喫しよう!40分で有名スポットをまわれちゃう、テムズ河クルーズのすすめ(ライター:うばた)



アルゼンチン(メソポタミア地方)

地域によって気候が全く異なるアルゼンチン。
世界三大瀑布のひとつ「イグアスの滝」があるメソポタミア地方は、年間を通じて雨が多く、気温も高い地域。しかし乾季である8月には雨が少なく、気温も18度前後の涼しさと観光には最適です。

アルゼンチン側からはイグアスの大小様々な滝をあらゆる角度から楽しめるほか、主食が牛肉ということで、肉好きの方にとっては現地のグルメも必見となっています!

アルゼンチンの旅のしおり
>>【アルゼンチン】 肉を食らおう!食肉の旅!(ライター:BLUE)


以上、8月におすすめの海外旅行先と、それぞれの旅のしおりをピックアップしました!

夏休みの思い出作りに、家族や友達と、海外旅行でとっておきの体験をしてみてはいかがでしょうか。

あなたの知らない
しおりをご紹介!

create このしおりを書いたライター

このライターのしおり