search

close
2017-03-15

効率的にロンドンを満喫しよう!40分で有名スポットをまわれちゃう、テムズ河クルーズのすすめ

意外にハードなロンドン市内観光

世界有数の観光地であるロンドンには見るべきスポットがたくさん。しかし、すべてのスポットを自分の足でまわるのには、なかなかに体力が必要です。さらに、施設への(意外に高額な)入館料だってかかります、、、。思わず「ここは外観を遠くから眺めるだけでよかったかも」と何回か感じました。

そこで今回は、私が実際に体験してきた 40分でロンドンを満喫できるおすすめプラン をご紹介します。「効率的に観光名所を見てまわりたい!」「いつもの旅行にプラスαの体験がしたい!」という方は是非どうぞ。

 

予約なしでOK!「ロンドン・アイ・リバークルーズ」

ロンドンの中心を流れるテムズ河を優雅にクルーズするこちらは、河沿いの観光スポットを効率的に見るのに最適でした!乗船代は13.15ポンド(約1830円)。1番お手頃なクルーズですが、十分に満喫できます。テムズ河では様々なコースのクルーズプランがあるので乗り間違いにご注意を。
約1時間おきに出発しているので、予約なしで気軽に乗船ができます!

 

乗船場まで徒歩約10分。なかなか辿り着けない!?魅惑の道のり

乗船場はウォータールー橋。目印の観覧車「ロンドン・アイ」まで、最寄りのウォータールー駅から10分ほどで到着です。橋の周辺は市民の憩いの場だそうで、移動遊園地や大道芸人でにぎやか。大道芸人のスゴ技を堪能しながら、河沿いを歩きました。思わず技に見入ってしまったり、道端のアイスクリームを食べ歩きしたり、なかなか乗船場まで辿り着けません。

しかし、もし船に乗り遅れてしまっても大丈夫。周年には遊園地、水族館、レストランも多数集まっているので、次の船までの1時間を簡単につぶすことも可能です。

 

いざ、出航! 観光名所が次々と目の前に...

出発するとすぐに、河の両端に観光スポットが次々と現れます。
ロンドンは地下鉄も市バスも充実していて、移動も比較的簡単だと思っていました。しかし地下鉄が想像以上に深かったり入り組んでたり、、、。観光スポットに着く前に地上に出るだけで一苦労でした。しかしこのクルーズは座っているだけで、観光スポットの方から、目の前に登場してくれます。

 

◎セント・ポール大聖堂

船の上からもその荘厳さが伝わってきました。古くからロンドン市民に親しまれてきたこの大聖堂は、イギリス国家の重要な儀礼が数々執り行われてきました。ダイアナ元妃の結婚式の場所としても有名です。

 

◎シェイクスピア・グローブ座

演劇界の伝説、ウィリアム・シェイクスピアの作品が数多く初演された場所です。その作品は『ハムレット』『リア王』と名作ばかり。ちなみに劇場の横の旗は、その日演劇が上映されるかどうかの目印。この様子からすると、この日は幕が上がっていたよう。

 

◎ロンドン塔

多くの者が投獄され処刑された悲しい歴史をもつ世界遺産。どことなく不気味な雰囲気が船上まで伝わってきました。

 

1番のシャッターチャンスはココ!

船旅のクライマックスに見えてくるのが「タワー・ブリッジ」!ロンドンの顏ともいえるこの橋の下を、なんとこのクルーズでは通ることができるんです。船から見上げるタワー・ブリッジ、これが圧巻でした。是非とも体験していただきたい。

 

橋の下からの眺め。なかなか見ることができない光景です。

 

おすすめは朝一番!優雅な船旅で朝活を

タワー・ブリッジを通過すると船はUターンし、出発地点への帰路に着きます。前方に国会議事堂が見えてきたら、船旅も終了です。

さわやかな風に吹かれながらの優雅な船旅。登場するすべての観光スポットを徒歩でまわれば大変ですが、ロンドン・アイ・リバークルーズなら40分で効率的に見ることができます。おすすめは人の少ない朝一番(10時)。私はお昼頃に乗ったのですが、観光客がたくさん乗船しており、さらには逆光でなかなかうまく写真を撮ることができませんでした(写真の端に見切れてしまう)。

日本語の音声ガイドもあるので、英語が苦手な人でもバッチリ楽しめるはず。
普段見ることができない船からの視点で、一味違ったロンドンの風景を楽しんでみるのはいかがでしょう?

 

あなたの知らない
しおりをご紹介!

create このしおりを書いたライター

このライターのしおり