search

close

クメール文化が華開いた、カンボジアの世界遺産都市シェムリアップ。
アプサラダンスはここでしかみることができないカンボジアの宮廷舞踊です。

アンコール・ワットに程近い ソフィテルアンコールポキットラーゴルフ&スパリゾートホテル(Sofitel Angkor Phokeethra Golf & Spa Resort hotel)。ここではディナーをとりながらアプサラダンスを鑑賞することができます。「アプサラ」の語源は古代インド神話の天女に由来するといわれ、大変優美な舞踊です。


アプサラダンスショー

アプサラダンスショーは、ホテル1階のメインダイニングThe Citadelにて行われます。月・木・土曜日の夜7:30より開始、価格はアプサラダンス鑑賞+ビュッフェディナーで35アメリカドルです。(政府税10%、サービス料7%別途、2017年7月現在)


ショーは約1時間で、夢中でみているとあっという間に時間が過ぎていきます。舞台は小さめですが、エアコンが効いて涼しい中、至近で鑑賞することができます。

ノンバーバル(非言語)ですが、物語の流れは雰囲気でなんとなく分かります。アプサラダンスは指先の優美な動きが特徴的と言われており、ばっちり肉眼で確認することができました。

(実は、別日に大型ショーレストランに行ったのですが、席から舞台が遠くて演者が点にしか見えなかった上に、冷房がなく蒸し暑かったので、アプサラダンス鑑賞は断然ホテルをオススメします。)


ビュッフェレストランですが、実はアラカルトのみ注文もできて、私はカンボジアカレーを食べました。

これが絶品!日本や他のアジア諸国のカレーと違ってじゃがいもベースのスパイス弱めで辛くないのですが、沢山の野菜や肉からのだしがきいていて、細かく刻まれ炒めた野菜に優しい味がしみておいしかったです。日本人の方にも自信を持ってオススメできるレベルの高さです。



ソフィテルアンコールに宿泊する

今回の旅は、宿泊もソフィテルアンコールでした。
(もちろん宿泊しなくてもアプラサダンスショーは楽しむことができます。)

ホテルロビーに立ち入った瞬間の良い香りや、伝統音楽の調べは、日中の観光疲れも吹き飛ばしてくれます。

ホテルの敷地は広大で、私のお部屋があった建物はホテルの中央に位置する湖にかかる橋を渡って行きました。南国の天気は変わりやすく、雨上がりには時折虹をみることができました。

お部屋はアジアンな雰囲気です。チーク素材の床や天井のファンがステキ。ウェルカムスイーツ(クッキーがおいしかった!)や飾られている生花にセンスを感じます。


広いバスタブとアメニティのロクシタンの香りでゆっくり疲れを癒やすことができました。あまりの居心地の良さに、外に出たくなくなるのが難点でした。



もちろん世界遺産遺跡群観光も。

シェムリアップに来たならば、日中はもちろんアンコール遺跡群観光がメインです。

ソフィテルはアンコールワット至近ホテル(ただし、歩いて行ける距離ではない。)ではありますが、日中とても暑いし、たくさんの遺跡を効率的に回るために個人手配よりもホテルや旅行会社が開催しているツアーに参加することをオススメします。

レリーフには「アプサラ(天女)」も多く描かれていますので、探してみるのも楽しいですね。



一生に一度は訪れたいアンコール遺跡群。
旅を極上のものにしてくれるソフィテルアンコールで、遺跡群観光だけでないシェムリアップの魅力を味わってみてはいかがでしょうか。


store紹介した場所

Sofitel Angkor Phokeethra Golf & Spa Resort hotel

place

Vithei Charles de Gaulle, Khum Svay Dang Kum, Krong Siem Reap, カンボジア
(GoogleMapで見るopen_in_new)

あなたの知らない
しおりをご紹介!

create このしおりを書いたライター

このライターのしおり