search

close
2017-03-05

異国情緒たっぷりのシーシャと 絶品りんご飴!最高の非日常空間「ポムダムールトーキョー」へ

大きな特製りんご飴と、異国情緒たっぷりのシーシャ(水タバコ)が楽しめる、ちょっと変わったカフェへ行ってきました。

りんご飴とシーシャの専門店「ポムダムールトーキョー」。
(訪問時期:2016年夏)

 

場所は新宿三丁目。決して賑やかではない通りの、タトゥー屋さんの上にあります。見た目は普通のアパートのよう。

SNSで話題となった人気店で、この日も混雑していました。りんご飴はテイクアウトもできるようですが、せっかくなのでゆっくりしていきたいなと思い、席が空くのを待って入店。

 

店内は最高の癒し空間

お店のドアを開けるまで店内の様子は見えないので、“タトゥー屋さんの上にあってシーシャを扱ってるお店ってどんな感じなんだろう...”と、少しどきどきしていたのですが、ドアを開けてびっくり。
店内は木のぬくもりを感じるようなとっても優しい雰囲気で、甘〜い香りが漂っていました。席数はそれほど多くはありませんが、ゆったりとしたソファー席もあり、居心地の良い空間です。

さっそく、ドリンクとりんご飴を注文。
選んだのは、飲んでいるだけでお洒落になったかのような錯覚を起こす「自家製ジンジャーレモネード」。

りんご飴は、プレーン、シナモンなどいくつか種類がありました。冬季限定の粉雪ミルクなど季節限定のメニューもあるようです。
カウンター席横のショーケースに美しく並ぶりんご飴を見ながらチョイス。

ざらざらしているのがシナモン(600円)、奥のツヤツヤなほうがプレーン(500円)。

実は、生まれてから一度もりんご飴を食べたことのなかった私。お祭りで見かけたことはあったのですが、見た目は可愛いけどあまり美味しくないと友達が言っているのを聞いたり、なんだか固くてベタベタしそうで食べづらそうだなという偏見から、一度も挑戦したことがなかったのです。

こちらのお店では、りんご飴が切ってあり、フォークを使って食べるのでとっても食べやすい。

薄い飴に包まれた、しゃくしゃく食感のりんご。甘すぎず、りんごまるまる1個で結構大きめサイズなのに、ぺろっと完食してしまいました。

プレーンも美味しいです。レモネードとよく合う!
最後の一口まで幸福感を味わえました。

りんご飴の美味しさを知ることができて良かった...!ポムダムールトーキョーさんありがとうございます。

 

シーシャのイメージを覆す、可愛らしいメニュー

りんご飴に続いて、実はシーシャも初体験。
メニューを見てもよく分からず...(笑)
選び方から吸い方まで、お店の方が丁寧に教えてくださいました。

「チョコミント」やら「バニラスカイ」やら、可愛らしいメニューにときめきます。シーシャってちょっと悪そうな男が吸っているイメージでしたが、ここでは女性が好みそうなフレーバーが多数!私も甘いフレーバーを選びました。

美しい器具に、少し緊張。
口でくわえる部分はゴムキャップを付け替えられるので、複数人でも一緒に楽しめます。
中東の雰囲気を感じながらくつろぎ、非日常的な時間を存分に味わえました。SNSやテレビではりんご飴ばかり注目されていますが、シーシャ目当てにふらっと寄るのも良いかもしれません。

 

感動するほど美味しいものを食べ、のんびりリフレッシュできた休日。お店を出る頃には疲れが取れていました。

おしゃれな店内に美味しいりんご飴、そして甘い香りのシーシャ。随所にお店の方のこだわりと愛情が感じられ、「また来よう」と思えるお店です。
りんご飴とシーシャという不思議な組み合わせで、非日常を味わってみませんか?

あなたの知らない
しおりをご紹介!

create このしおりを書いたライター

このライターのしおり