search

close
2016-11-17

動物好き必見!意外と知らない⁉︎池袋で出会える動物たち

池袋で会おうというアバウトな友人に、思いついたのが動物巡り。池袋=「いけふくろう」という印象のもと、調べて知った、動物との触れ合いスポットと、ペンギンのいるバーに行ってきたので紹介します。

まずは「いけふくろう」から

JRの北改札には案内看板もあり、昔から親しまれているのがうかがえます。

 

待ち合わせ場所の定番スポットのため、人が多い中、なんとか撮れた一枚。

 

「ねこぶくろ」

東急ハンズに買い物がてら、触れ合いスポットとして選んだのが「ねこぶくろ」。ハンズの8階にあるので迷うことなく行けましたが、待ち合わせまでの時間で、周囲にもいくつか触れ合いスポットを発見しました。別日に行ってみたいですね。

 

さて、お目当ての「ねこぶくろ」へ。

公式サイト(http://www.p2-pet.com/nekobukuro/index.html) に載っている100円割引を見せて、大人1人600円で入場。

 

入り口近くには中川翔子さんや、チュートリアルの徳井さんのサインが!

 

注意書きを読んで、いざ、ねこぶくろへ。

 

まずは駅長さんがお出迎え。

 

フラッシュを使わなければ写真撮影は自由、ということで撮りまくります。

ジブリ『猫の恩返し』か、アプリ『ねこあつめ』の世界に入ったかの様。

 

様々な表情を見せてくれます。

 

ねこ達は、スタッフさんや扱いの上手いおじさんに夢中で、なかなか懐いてはくれませんでしたが、気持ちよさそうに触られる子もいました。

 

中はそんなに広いスペースではありませんが、椅子に座ってゆっくりできるので、じっと眺めながら、時に触ってという楽しみ方ができます。ちなみに、ずっとアンパンマンのねこ紹介の映像が流れているので、それがBGMという感じでした。

 

小一時間癒され、同じフロアのペットショップでまた癒されました。色んな動物やグッズが揃っているので、動物を飼いたいという気持ちに強くさせられます。

混み合うとねこも人もストレスになりそうなので、大人数で行くのはあまりおすすめできませんが、1人でじっくり楽しんだり、カップルや子ども連れにはもってこいの場所だと思います!
午前中と17時以降が比較的空いているとのことなので、ランチやディナーの前にぜひ寄ってみてください!

 

「ペンギンのいるBAR池袋」へ

続いて向かったのが、ペンギンを眺めながら飲んだり食べたりできるこちら。

 

ペンギンは恋愛のシンボルなのだとか。

 

お店の奥の方で、早速ペンギンのお出まし。席に着くと、黒くて分かりづらいですが、ペンギンの形に畳んだおしぼり(赤い丸で囲んだもの)が渡されます。

 

お酒も料理もペンギンをテーマに。串焼き写真の真ん中に、ペンギンの形をしたニンジンがあります。

 

手を向けると機敏に反応してくれるペンギンもいたので、酔いも相まってテンション上がります!

 

雰囲気も料理もしっかり楽しめるので、話題作りやデートにオススメです!

 

池袋=「いけふくろう」から

『池袋ウエストゲートパーク』のイメージをまだ持っている方もいるかもしれませんが(僕がそうです笑)、都心でこんなに動物と触れ合えるスポットがあるのは、池袋だけではないでしょうか。

動物園や水族館とは違った楽しみとして、「動物に癒されに、池袋へ」といったイメージを持ってみてもいいかもしれません。

あなたの知らない
しおりをご紹介!

create このしおりを書いたライター

このライターのしおり