search

close

Bremenです。
花の撮影に自転車で出かけて来ました!
場所は、テレビなどで四季を通じて良くニュースになる公園、「昭和記念公園」です。
誰もいない花景色を撮りたくて9:30開門前に到着したのですが、いざカメラの準備を始めて
気付いたのは、一眼レフの本体を忘れてしまっていたことです。
ガーン!
でも、わざわざここまで来て帰るのももったいなく、仕方なく携帯で撮影することとなりました。

昭和記念公園とは

東京都の立川市,昭島市にまたがる国営公園で、総面積180haにおよぶ国内有数の公園です。
昭和天皇御在位50年記念事業の1つとして,アメリカ軍立川基地跡に建設されたものです。
四季の花や植物、各種イベントが楽しめ、総延長14kmのサイクリングやドッグラン、日本庭園、
昭和30年代の武蔵野の農村風景を再現した「こもれびの里」などもあります。

みんなの原っぱ

ケヤキの大木が広大な原っぱのほぼ真ん中に植えられています。
あまりに綺麗な形と、その存在感に圧倒されました。

人がまだ到着していなく、ケヤキが広大な中にあることが良くわかりました。
帰るころには沢山の家族などで、木の下も人でいっぱいになっていました。

ケヤキの大木から少し離れた場所に植えられた、杉の大木です。
こちらも周りに同じような大木がないため、存在感があります。

渓流広場

もうチューリップの時期が終了していて、かろうじて咲いていた赤や白のチューリップを何とか撮影出来ました。

4月のチューリップ満開時期には、この渓流広場がチューリップで彩られ別世界のようになります。
来年はその景色を撮りに来たいと思っています。

みんなの原っぱ西花畑

アイスランドポピーと杉の大木です。
カラフルなアイスランドポピー越しに、緑一色の杉の木の対比が綺麗でした。

みんなの原っぱ東花畑

ナノハナがたくさん植えられていて、春を感じる黄色が鮮やかでした。
あえて、空の青さと黄色の対比にして見ました。

日本庭園

公園内にある日本庭園内にもたくさんの種類の花が咲いています。
まだ藤の花が咲いているとの情報から行ってみました。
藤棚はありましたがすでに時期は終わっていました。

>

今回の最後の撮影は、庭園内のツツジと木橋です。 なかなか素晴らしかった日本庭園は、次回はゆっくり散策したいです。

最後に

行きたかった昭和記念公園。
しかし、カメラ本体を忘れるという失態で、本来の撮影は出来ませんでした。
よって、画質やアングルなど満足はもちろん出来てはいません。
でも楽しめました・・・。
今回何で思い立ったかと言うと、知人がチューリップ満開の写真を見せてくれて、今しかない!って思ったのです。
しかし行けるのが5月の初めになってしまい、今回の撮影となりました。
チューリップは残念でしたが、ケヤキや杉の大木、そして広大な公園を満喫出来大満足でした。
ただし!あまりの広いので自転車(レンタル有り)が必需品です。
四季の花だけではなく、イベントもたくさんあり年中楽しめます。
どなたでも楽しめますので、ぜひ一度訪ねて見てください!

store紹介した場所

国営昭和記念公園

place
東京都 立川市 緑町3173
(GoogleMapで見るopen_in_new)
directions_transit
主なアクセス
西立川口:JR青梅線・西立川駅より 約2分
あけぼの口:JR中央線・立川駅より 約10分
access_time
9:30~17:00(季節変動あり)
年末年始(12/31・1/1)
2月の第4月曜日とその翌日
大人 410円、小・中学生 80円、シルバー(65歳以上) 210円
※年に数日無料入園日があります

あなたの知らない
しおりをご紹介!

create このしおりを書いたライター

このライターのしおり