search

close
2021-02-15

【ニュージーランド】マオリ文化が根付く絶景だらけのアオテアロア 南島隠れおすすめスポット5選!!


Kia Ora!こんにちは!Machikoです!

みなさん、「アオテアロア」「Kia Ora」という言葉をご存知ですか?
これはニュージーランドの先住民【マオリ】の言葉で、「アオテアロア」=「ニュージーランド」、日本語では「長く白い雲のたなびく国」という意味です。ニュージーランドには丸っこくて細長い雲がよくみられ、その雲に基づいて名前がつけられています!
「Kia Ora」=「こんにちは」という意味です!

素敵な響きですよね。私の大好きな言葉です。

このように、ニュージーランドには先住民の文化が多々残っており、様々な観光地でもその文化がみられます。
今回は、そんなニュージーランドの南島であまりメジャーでない隠れおすすめの絶景スポットを紹介していきます!!



1. 南島最北端の秘境ビーチ! Wharariki Beach(ワラリキビーチ)がまるでオアシス

タスマン地方にある最北端のビーチで、車でしか行けない場所にあります。
山頂の駐車場から歩いて山道を下っていくのですが、山頂から見える景色がとても美しく、道中には牛や運が良ければ川でアシカが見れたりします。
15分から20分ほど歩くと地面が砂を帯びてきて、林を抜けるとビーチが目の前に広がります。

オアシスのように突如現れる美しいビーチはまさに秘境です!!
個人的に一番お気に入りの場所です。



2. マオリの神聖な場所 Te Waikoropupu Springs(テ・ワイコロププ・スプリングス)

ゴールデンベイにあるタカカという街に世界屈指とも言えるほど透明度の高い【テ・ワイコロププ・スプリングス】というマオリ族の神聖な泉があります。
透明度63メートルを誇り、写真の通り本当に透き通る美しさにとても驚きました。
マオリ族にとって神聖な場所であるため、釣りや水泳、さらに飲むことも触ることでさえも禁止されています。

訪れて後悔は絶対しない場所です!!癒しのパワースポット!



3. 包丁で真っ二つに切ったりんごみたいな岩! Sprit Apple Rock(スプリットアップルロック)

アベル・タスマン国立公園のタスマン湾に位置するスプリットアップルロックはまるで包丁で真っ二つにしたりんごのような石です。
氷河期に丸岩の中にあった亀裂に入り込んだ水が凍り、膨張したためにこのようにパックリ2つに割れたと言われています。

アクティビティが豊富で、カヌーで近づいたり、夏には泳いで岩場まで行けます。



4. マオリの伝説が宿る自然の産物! Moeraki Boulders(モエラキボルダーズ)

モエラキ海岸には人工的に作られたようなまん丸な石がごろごろ転がっています。
実は全て自然に出来た物で、6,500万年前に400万年という長い年月をかけて作られた亀甲石凝固だそうです。元々は海底で出来たものが隆起して地上に現れ、雨や風、海の侵食作用によって丸くなったそうです。
Moeraki Boulders(モエラキボルダーズ)とはモエラキ(Moeraki)にある丸石(Boulders)という意味なんです。

ここにはマオリの伝説も残っており、約1,000年前にニュージーランド沿岸に座礁した大きなカヌー、アライテウル号から流れ着いたひょうたん型のウナギ用のカゴだそう。その時海に沈んだ船乗り達は丘に姿を変えられてしまい、今でも周りの丘はこの船乗り達の名前で呼ばれています。



5. リアルアドベンチャー! 映画に出てきそうな光景! Moria Arch(モリアアーチ)

ウェスト・コースト地方にあるカフランギ国立公園の中にある洞窟で、ガイドブックには載っていない隠れスポットです!(私は見たことありません!!笑)
この近くにオパララアーチという場所もあり、そちらは有名みたいなのでご存知の方もいるかも知れませんが、私はこっちの方が好きです!
あまり足場の良くない森の中を歩くので、まるでアドベンチャー!!探検家になった気分でした。

ここら一帯の水は透き通った琥珀色で洞窟内に光が差込んで反射し、映画のワンシーンのようでとっても素敵でした!!完全に穴場スポットです!!



以上、今回は厳選してあまりメジャーでないところで5選選びました!
まだまだニュージーランドは沢山素敵なところがあります。
それはまた次回!どんどん紹介していきたいと思います。

それではKa Kite Ano(See ya)!



あなたの知らない
しおりをご紹介!

create このしおりを書いたライター

このライターのしおり