search

close

こんにちは!Machikoです!

皆さん、クライストチャーチから北に2時間半程行ったところにあるカイコウラと言う街をご存知ですか?
ここは捕鯨で栄えた港町で、クレイフィッシュ(イセエビ)やイルカ、鯨などの海洋生物が沢山生息している場所なんですが、なんと!!海岸沿いや道端にオットセイが沢山生息しているんです!

今回はそんな日本にはない不思議な港町を紹介します。



ニュージーランド南島にあるカイコウラ

ニュージーランド南島のカンタベリー地方にある港町で有名な場所で、人口4,000人ほどの小さな街です。19世紀ごろに捕鯨で栄えた(現在は行っていません)街で、現在もホエールウォッチングやイルカウォッチングなどのアクティビティが大人気です。

カイコウラの中心地は昔ながらの古い街並みが残っていますが、カフェやレストラン、Barなど様々なお店が沢山あり、今もとても賑わっている街です。


アートの街?とも思わせる程の素敵な可愛い絵がトイレの壁に描かれていました。



イセエビがとっても美味しい!!!

カイコウラとはマオリ語で、「クレイフィッシュ(イセエビ)を食べる」と言う意味で、クレイフィッシュ(イセエビ)も有名でとても美味しいです!!



カイコウラNo1スポット!!キーン岬!に行ってみた

お目当てのキーン岬までバス停から歩いて約1時間。笑(車だと15分程です。)

徒歩でも海岸沿いを歩くので景色がとてもよく、いい散歩になりました。笑

晴天!とまではいきませんでしたが、とても綺麗な海岸です。

30分ほど歩くと…

急に現れるオットセイ!

クライストチャーチからの道中も海岸沿いに道路があるのでちらほらと見えていましたが、目の前で見ると結構迫力あります。
気持ちよさそうにお昼寝してました。

その後も

何匹か見かけました!(時期によっては海岸を埋め尽くすほどいるそうです。)

サービス精神旺盛で色んなポーズとってくれたこの子。


そこからさらに30分ほど歩いてやっとお目当てのキーン岬に!!

日本には絶対ないと思われる標識 笑


写真は2匹しか撮れなかったんですが、何匹かオットセイがいました!!

ネットで調べたときはもっといる感じだったんですが、時期じゃないのかちらほら…という感じでしたが、めっちゃ可愛かったです(訪れた時期は7月末くらいでした)。

実はこの歩道の下にも1匹いたんですが気づかず驚かせてしまいました。すると環境省のスタッフさんが来て「近づきすぎると危ないよ、噛まれるよ。」と声をかけてくださいました。

時期によっては歩道に1列になって沢山のオットセイが休憩をしている程なので、オットセイ側にも人側にも危害がないよう、スタッフさんが常に配置されているそうです。

野生のオットセイが普通にいるカイコウラならではのルールですね☺︎

到着時ちょうど日が陰っていて、岬もとても綺麗でした!

ではまた!

store紹介した場所

Point Kean Viewpoint

place

40 Fyffe Quay, Kaikoura Peninsula, Kaikoura 7300 ニュージーランド
(GoogleMapで見るopen_in_new)

あなたの知らない
しおりをご紹介!

create このしおりを書いたライター

このライターのしおり