search

close

静岡県裾野市にある「富士サファリパーク」は、富士山を背景に動物たちがのびのびと暮らすテーマパーク。普段動物園で見るのとは少し違った、リアルな姿に出くわすこともあります!



マイカーでサファリ見学!

「富士サファリパーク」では、自家用車に乗ったままサファリゾーンに入ることが可能!

サファリゾーン周遊の所要時間は、1周約50分。自分たちのペースでまわりながら、ライオンやキリンなどの動物たちがのびのびと暮らす姿を間近で見ることができます。

マイカーでサファリ見学する際の注意点としては、車の窓やドアを絶対に開けないこと。また、サファリゾーン内ではトイレに行くことができないので、入場する前にすませておきましょう!


マイカーでのサファリゾーン周遊の他にも、クマやライオンに金網越しにエサをあげられる「ジャングルバス」や、森林浴をしながら動物たちを観察できる「ウォーキングサファリ」などがあり、車を持っていない方やマイカーを汚したくない方も車なしで楽しめますよ。

ジャングルバスはチケットが早々に売り切れてしまうこともあるため注意が必要です!



意外とおとなしい?肉食動物たち

最初に肉食動物たちが暮らすエリアに入っていきました。

ちょうどお昼過ぎということもありエサを食べているところに出くわしました。ライオンやトラなど獰猛な肉食動物がいると聞いていたのでどんな食事風景なのかと思っていましたが、意外に大人しく餌を食べていました。


結構な距離まで接近できましたが、動じることもなく肉食動物たちの余裕っぷりを感じました。


また、食べ終わった子たちは木の影や木々の上でリラックスしていました。まるで猫のように大人しく寝転がっていてイメージとのギャップに少し驚きましたが、レアな光景を見ることができてとても満足しました。


草食動物であるゾウやサイなどにも出くわしました。こちらは肉食動物たちよりも動き回っていた印象です。

ゾウは自慢の鼻を使って綺麗に餌を食べていましたが、接近すると少し怖がっていたのか逃げていってしまいました。



動物たちとのふれあいゾーン

サファリ見学を終え、ふれあいゾーンへ。

ふれあいゾーンでは、アルパカ、リスザル、ミーアキャット、カピバラ、レッサーパンダ、マーラなどの動物たちに出会えます。エサあげ体験もできるので、興味のある方は時間をあわせて訪れてみてください。

そしてさらに奥に進んでいくと、犬たちとふれあえるスペースが...! やんちゃな子から大人しい子までたくさんの個性豊かな犬たちとふれあうことができて、犬好き必見のスポットです。



富士サファリパークで出会った動物たちをご紹介しました。他にもたくさんの珍しい動物たちを近くで見ることができて、とても貴重な経験になります。ぜひ遊びに行ってみてください!


あなたの知らない
しおりをご紹介!

create このしおりを書いたライター

このライターのしおり