search

close

タイ北部、ラオスとの国境に面した「ウドンタニ」という県に、1年のうち数か月だけ満開の睡蓮が見られる湖があります、それが「タレーブアデーン」です。

タイ語で「タレー」は海、「ブア」は睡蓮、「デーン」は赤という意味で、その名の通り赤ピンクの睡蓮が湖を覆う幻想的な光景が広がります。

睡蓮が咲くのは毎年12月から2月の3か月間、しかも午前中だけ。広大な湖のほとりから小型のボートに乗って進むと、次第にぽつぽつと睡蓮が見えてきます。こんなもんか、と思っていると大間違い。いつの間にかボートのまわりはピンクの睡蓮でいっぱいに。

幻想的で嘘みたいな景色は感動して涙が出るほどです。睡蓮と水面が朝日に照らされ、鳥の声が響く湖。一生忘れることのない瞬間になるでしょう。




あなたの知らない
しおりをご紹介!

create このしおりを書いたライター

このライターのしおり