search

close

ドロットニングホルム宮殿は、しばしば「北欧のヴェルサイユ宮殿」と呼ばれます。ストックホルム郊外のローベン島に建造された離宮です。ドロットニングホルムはスウェーデン語で、王妃の小島を意味します。

1662年に建築が始められた宮殿は1744年、後にスウェーデン王国ホルシュタイン=ゴットルプ朝の初代国王となるアドルフ・フレドリクの結婚祝いのプレゼントとなりました。バロック様式で建てられたクリーム色の宮殿は華やかさに満ち溢れます。

3階建ての建物には200室を超える部屋を備えています。広大な敷地内には開放的な2つの庭園、中国離宮、宮廷劇場が設けられています。1982年には現在の国王カール16世グスタフが、ストックホルム市内旧市街にある王宮からこの地に生活の場を移しています。




あなたの知らない
しおりをご紹介!

create このしおりを書いたライター

このライターのしおり