search

close

シュコツィアン洞窟群は、地質的な特徴からカルストの語源となったスロべニア南部のクルス(カルスト)地方にある洞窟です。石灰岩で覆われた大地を流れるレカ川が、巨大なすり鉢状の窪地のドリーネから地下に潜り込み、200メートルを超える深さの地中に、地下水洞窟、地底湖、滝などの様々な景観を作り出しました。

長さ約6キロにもおよぶ洞窟の中には、「ルドルフ大聖堂」の呼称をもつ石灰段丘、石筍がたけのこ状に連なる「大広間」の他、「沈黙の洞窟」、「ざわめきの洞窟」など、人間では作り出せないアート世界を鍾乳石が創り上げています。薄暗い洞窟の中で轟音を響かせる地下水の流れも幻想的なムードを高めています。




あなたの知らない
しおりをご紹介!

create このしおりを書いたライター

このライターのしおり