search

close

カンクンのビーチには5-8月の間、海亀が卵を産みに来ます。海亀が孵化するのは、8-10月。
もしも、カンクンへの旅行がこの期間にあたる場合は、ホテル前のビーチで神秘的な瞬間に出会えます。

今回は6月で産卵の時期。
海亀がやってくるのは、ホテル前のビーチ!
昼間は観光客で賑わうビーチに、夜になると海亀達がやって来て産卵をするのです。





海亀の卵は大切に保護

産卵後は、そのままだと人に踏みつけられダメになってしまう為、海亀保護活動をしているスタッフやホテルの従業員が卵を保護する場所へ埋めなおして孵化したら、海にかえしてあげるのです。

5月から、10月にかけてはどこのホテルのビーチでも片隅に柵がされ、産卵時期や卵の数などを記した板が沢山並んでいるのを見つけられると思います。





海亀の産卵シーンを見学

海亀の産卵が見られる時間帯については、22時以降から深夜にかけて。
私が見たのは、1日目は夜中2時ごろ。2日目は22時頃になります。
どちらの日も、ビーチに出てから5分も行かない場所で3-5匹は見かけました。

本格的に産卵する子、様子だけ見にビーチに上がり、すぐに海に戻ってしまう子もいますが、あまりに沢山の海亀がビーチへ現れるのでビックリします。

海亀の産卵を見学する際の注意としては、3-5mは離れる事、特に頭側にはまわらないように。
絶対にフラッシュは使わない事。
静かに見守る事。

暗いビーチを歩いていると、気づかずに海亀が目の前に居たりと言う事もありますので、注意して歩きましょうね。
特にピークの6月や7月位の時期は沢山の海亀が産卵に来ています。

今回、たまたま海亀保護のスタッフさんに話を聞けたのですが、1匹の海亀が1シーズンに3,4回に分けて卵を産みに来るそうです。
海から上がる危険、穴を掘り卵を産むという大仕事…それを年に3回も!?︎ 母はやはり逞しいです。

そして、1年周期位で産卵の多い年、少ない年を繰り返しているそう。
ちなみに今年2020年は、少ない年なんだそう。
その割に、少ない年とは思えない程、海亀の姿を見ましたが…。




卵を大切に回収

こちらは、夜に卵の回収が間に合わなかったのか、昼間に頑張って卵の回収をしていました。
曇っていた日なので良いですが、炎天下の中だとビーチを掘って卵を回収するのはかなり大変です。
大体、50-60cmは穴を掘って卵を産むそうです。


1回に産む卵は150個前後。
大きさはピンポン玉位でまん丸です。
鶏の卵の様に殻がしっかりしている感じではなくて、ちょっとした力で潰れてしまいそうな感じ。

海亀の卵の回収作業も結構大変な作業で卵の数をチェックしたり、母亀のサイズを測って情報を集めたり毎晩、海亀保護の為に頑張っているメキシコ人を尊敬しました。

是非、5月から8月にかけて、カンクンに来た際には夜のビーチに出てみて下さいね。
母亀達の感動的な産卵のシーンに出会えます。

海亀の産卵エリアは、カンクンからトゥルム、更に南まで広い範囲になります。
カンクンだけでなく、プラヤデルカルメンやトゥルム地域にご宿泊でも産卵を見るチャンスはありますよ。





そして、8月から10月にかけては孵化の時期。
子亀が海へ向かう力強い姿を見る事が出来ます。
この時期も、とてもオススメです。





あなたの知らない
しおりをご紹介!

create このしおりを書いたライター

このライターのしおり