search

close


カンクンから行くマヤ遺跡と言えば、「世界遺産:チチェン」「海の遺跡:トゥルム」が有名所ですが、私が一番オススメするのは「コバ遺跡」です。

こちらの遺跡は見学中心の観光と違って、神殿に登ったり、ジャングルの中を自転車で回ったりと体を使うシーンが多くある遺跡です。
広大なジャングルの中に眠る、マヤ遺跡を探検気分で回れますよ!





オススメのポイント

①アクティブ度合いが高い!

高さ42m、120段ある「Nohoch Mul神殿」は、カンクンのあるキンタナロー州で一番高い神殿となります。
そして何より今でも登る事が出来る!というのがポイント!

頂上からは、一面に広がるジャングルを見渡す事が出来ます。
階段はかなり登り難くなっているので、中央のロープをつたって慎重に登って下さいね。
自分の力で登り切った後の達成感は素晴らしいです!


遺跡の敷地は広大です。
公開されていない部分も含めると約80k㎡、最盛期の頃には5万人近い人達がこの地域で生活していたそうです。
メインの登れる神殿「Nohoch Mul」までは約6km程。
その為、徒歩ではなく自転車や人力車のレンタルを使って回ります。
(徒歩でも回る事が出来ますが、歩くには距離が長いです)
神殿を結ぶ、ガタガタの道とちょっとわかりにくい看板なども、探検気分を盛り上げてくれます。

その他にも、マヤの時代に使われていたサクベ(道)の跡や、重要な石碑、儀式の為の球技場など見所も沢山あります。




②日陰が多い

チチェン遺跡やトゥルム遺跡は観光がしやすいように綺麗に整地されている為、日陰が少なく、遺跡見学には熱中症や日焼けに十分注意が必要です。
それに比べ、コバ遺跡は、ジャングルがそのまま残されている為、木陰が多く日差しを遮ってくれます。
風を感じながら走る自転車も、暑さを感じさせず爽快!
ユカタン半島は起伏が少ない土地の為、坂もありません。




③混雑度が低い

チチェン遺跡やトゥルム遺跡に比べ、知名度がまだ低く観光客が少ないです。
これから観光客が増えていくだろうと言われている遺跡なので、神殿もいつまで登る事が出来るかわかりません。
42mの神殿に登れる今のうちに、行く事をオススメします!!




④大人気のグランセノーテに立ち寄れる

カンクンの観光で訪れたい透明度抜群の『グランセノーテ』は、コバ遺跡へ向かう街道の途中にあります。
その為、遺跡と一緒にセットで効率良く回れちゃいます。

順番的には、セノーテは午前中の時間帯が綺麗なので、グランセノーテが先。
コバ遺跡は、日陰も多いので日中の暑い時間でも見学に問題はありません。





カンクンからの行き方

・カンクンから車で片道2時間30分(約140km)。
カンクンからレンタカー 、もしくはカンクンからツアーに参加すると効率良く回れます。

・公共のバスを利用する場合は、カンクンからプラヤデルカルメン、トゥルム経由でADOバスが走っていますが、本数が多くありませんので、時間配分に注意が必要です。





子連れの観光にもオススメ

レンタル自転車は、結構小さなサイズも置いてありました。
自転車に乗れる年齢の子であれば、サイクリングも楽しめますよ!
ただ歩いて見て回る遺跡よりも、子供受けが良いです。

もし、6km(往復12km)の距離を自転車で走るのが不安な場合は人力車という手段もあります。
前に荷台(椅子付き)の付いたMAYA式の人力車は、旅ネタとしても面白いかもしれません。





注意点

遺跡はどこもそうですが、蚊が多いので虫除けは忘れずに用意しておきましょうね!
お水も絶対に必要です。
遺跡内に入ると、登れる神殿の所に水の買える小屋がありましたがそこだけです。
お手洗いは入り口だけですので、必ず済ませてから遺跡へ入りましょう。

あと、レンタル自転車を借りる際には、事前に状態をチェックする事が大切です。
チェーンが外れやすかったり…パンク気味だったり…、ブレーキが効きにくい…など。
ここはメキシコ。
整備、点検なんて全く期待してはいけません。





注意点もしっかり押さえつつ。
密林に眠るマヤ遺跡!! 是非、体験してみて下さい!





あなたの知らない
しおりをご紹介!

create このしおりを書いたライター

このライターのしおり