search

close

カンボジアといえば、遺跡観光は外せません。死ぬまでに一度は自分の目で見てみたい!と思っている方も多いのではないでしょうか。

今回は、カンボジアを旅したときに巡った遺跡をご紹介します。有名な「アンコール・ワット」以外にも、魅力的な遺跡がたくさんありました!

いつかまた旅行を楽しめる状況になったら、ぜひ訪れてみてください。




世界遺産・アンコール遺跡群

カンボジア北西部にあるアンコール遺跡群は、クメール王朝時代の首都の跡。発見されるまでの数百年間、密林の中で眠っていました。遺跡の数は小さいものも合わせると700を超えるといいます。

この巨大な遺跡群は、「アンコール(Angkor)」としてユネスコ世界遺産に登録されています。この記事でご紹介する遺跡はすべて、世界遺産・アンコールに含まれている遺跡です。




まずはチケットを購入!

アンコール遺跡群を巡るには、入場券「アンコール・パス(Angkor Pass)」の購入が必要となります! シェムリアップとその周辺に点在している複数の遺跡で使用可能な共通パスで、シェムリアップのチケットオフィス(アンコール・エンタープライズ)にて購入可能です。

・1day:$37
・3day:$62
・7day:$72


カンボジアの遺跡の中には「アンコール・パス」で入場できない遺跡もあり、これらは個別に入場料を支払って入場します。

・プノン・クーレン:$20
・コーケー:$10
・プレアヴィヒア:$10
・サンボープレイクック:$10
・バンテアイチュマール:$5
 など

この記事でご紹介する遺跡はすべて、アンコールパスで入場可能となっています。(※昨年までベンメリアは別途料金での入場でしたが、2020年1月よりアンコールパスが必要となりました。)




アンコール・ワット

まずは、アンコール遺跡群の中で最も有名な遺跡「アンコール・ワット」。12世紀前半に作られたもので、“クメール建築の最高傑作”と称されています。

すごいとは聞いていましたが、実際に行ってみたら本当にすごかったです。期待を裏切らない佇まい! ぜひ、生で見るべきです!

アンコールワット越しの朝日は、言葉にできないほど幻想的でした。




アンコール・トム

12世紀末〜13世紀初めごろに築かれたとされる「アンコール・トム」は、顔だらけの個性的な遺跡。

“トム” はクメール語で “大きい” という意味だそうです。敷地面積は、アンコール・ワットの4倍以上!

見学しているとどこからでも視線を感じて、なんとも言えない気持ちに。




バンテアイ・スレイ

アンコール・ワットやアンコール・トムのエリアから車で1時間ほどの場所にある、赤い砂岩の遺跡「バンテアイ・スレイ」。

両側に「リンガ」が並ぶ参道を歩きます。

この遺跡では、とにかく細やかな「彫刻」が印象的でした。知識のない私にも分かるほど、他の遺跡のものとは明らかに違う美しさ!




ベンメリア

最後にご紹介する遺跡は「ベンメリア」。こちらもアンコール・ワットやアンコール・トムのあるエリアからはやや離れており、車で1時間〜1時間半ほどです。

崩壊が激しく、現在も未修復の状態。廃墟のようなその姿はまるで、スタジオジブリ作品『天空の城ラピュタ』の世界のようだと話題になっています。

時が止まったような遺跡を見学し、探検気分が味わえました!




まとめ

実際にアンコール遺跡群を訪れてみて、写真で見るより何倍も感動しました。

ご紹介した他にもたくさんの遺跡があり、長い歴史を感じられると思います。ぜひ、いつか訪れてみてください。


あなたの知らない
しおりをご紹介!

create このしおりを書いたライター