search

close

日本から3時間のフライトで行くことができる上海。
上海は観光する場所が密集しているので、色々な場所を短期間で観光することができるんです。
なかなか休みが取れない会社員の方や、週末トラベラーの方、必見です。





漢字のロゴがかわいい!スターバックス

浦東空港の到着口に早速スターバックスがあります。この漢字で書いてあるスターバックスのロゴと飲み物を一緒に撮ると、インスタ映えな写真を撮ることができます。
中国限定のグッズも置いてあるので、到着したら是非チェックしてみて下さい。





パンダがいっぱい!上海野生動物園

浦東空港から遠くないため、朝に到着する便であればそのまま観光できる動物園です。
パンダも近い場所で、並ばないで見ることができるのは魅力的ですよね。
他の動物も、檻がなく近い場所で見ることができたり、比較的広いので見応えがあります。





インスタ映えスポット!田子坊

上海の観光名所となっている田子坊。昔は住宅が並んでいたこともあって迷路のように入り組んでいて、少し歩くと路地裏に辿り着いたり、歩いていて飽きない場所です。
思わず写真を撮りたくなるスイーツや食べ歩きフード、ノスタルジックな雰囲気の写真スポット、思わず買いたくなるお土産・・・ 観光客には魅力的すぎる場所です。
週末の昼間は混雑が予想されるため、朝の観光をお勧めします。





食べ歩きが楽しい!豫園商城

お土産屋さんや、中国ならではの食べ歩きグルメのお店が立ち並んでいる豫園商城(よえんしょうじょう)。
蟹の唐揚げ、パリパリのお煎餅、胡麻団子など、安くて美味しい物がたくさんあって、大人数で行くと、色々な食べ物をシェアできて楽しいです。
ここは街並みも綺麗で、清潔感があるので日本人にもお勧めの観光スポットです。





豫園商城の風景を見下ろせる!湖心亭

豫園商城で疲れたらお茶を飲める場所が数ヶ所あります。
スターバックスなどもありますが、豫園商城へ来たら、昔の中国の雰囲気を感じることができる湖心亭へ行くことをおすすめします。
メニューも、お湯を注ぐと花が開くお茶など、日本にはあまりないお茶もあって見るのも飲むのも楽しむことができます。





豫園でご飯を食べるなら!南翔饅頭店

約100年続くレストランということもあり、人で賑わっていました。
色々な小籠包を友達とシェアしたのですが、全部美味しくてビックリしました。
写真のストローで吸ってから食べる大きい小籠包も超絶品だったので、行ったら是非食べてみて下さい!





The 上海の風景!黄浦江の堤防遊歩道

上海と言えばこの風景を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。
夜は人もそれなりに多く賑やかで、雰囲気も良いのでお勧めです。
ただ、夜はとても冷えるので、ここにある公衆トイレで用を足すことと、上着を持っていくことを強くお勧めします!笑





上海と言えば!上海蟹!

上海へ行くことが決まってから、絶対に食べたい食べ物がありました。
それは・・・上海蟹!リーズナブルで美味しい上海蟹が食べられるとのことだったので、外灘で食べました。
外灘は観光スポットということもあって、上海蟹が食べられる場所もすぐ見つけることができたのと、店員さんも観光客慣れしているようで、蟹の剥き方を教えてくれたりしたので良かったです。





定番朝ごはん、中華粥!

観光って意外と体力使いますよね。なので筆者は朝ごはんはしっかり食べる派です。
外灘エリアにはたくさん飲食店が並んでいるので、ホテルの近くの小さなご飯屋さんで食べました。
写真に写っているのはピータンが入ったお粥なのですが、これがなんと、上海で食べた物の中で一番美味しかったです!笑
前日青島ビールを飲みすぎても食べれるような朝ごはんなので、飲みすぎた際にもお勧めです。





ディズニー好きにはたまらない!上海ディズニーランド!

上海にはディズニーランドを目的で行く方もは多いのではないでしょうか?
上海のディズニーランドには、「汚い」「ゴミが多い」などの噂も聞いていたのですが、とても綺麗でビックリしました。

上海のディズニーランドには、東京ディズニーランドにはない乗り物が多数ありますが、東京ディズニーランドにもある「カリブの海賊」が人気。乗る順番を考えて後回しにしていたらカリブの海賊が突然点検に・・・!!
最終的には運良く乗ることができましたが、突然点検になることもあるので、どうしても乗りたい乗り物があれば行ったらすぐに乗ることをお勧めします。





いかがでしたか?
上海は綺麗で見所も多いので、短期間でも十分楽しむことができます。
現在海外渡航が厳しい世の中ですが、渡航ができるようになったら是非行ってみて下さいね。




あなたの知らない
しおりをご紹介!

create このしおりを書いたライター

このライターのしおり