search

close


皆さんは自分の「旅のスタイル」って持っていますか?

私はなるべく自分の足で歩いて、街のいろんなところを見て回るというスタイルで旅をしています。Uberやタクシーでは一瞬で通過してしまったり、通らなかったりするような裏路地を見ると、その街の深いところまで知れて、面白い発見があったりして面白いんです。

今回はそんな私が2年前にイタリアに行ったときに出会った素敵な裏路地を紹介します。




ローマの裏路地

まずはローマの「Al Forno della Soffitta」というレストラン近くの裏路地。
石畳の道には車がたくさん駐められていて、これぞ路地裏という光景が広がっていました。日本とは違い、街灯が建物自体に設置されているのも面白い発見でした。

こちらは有名観光スポット「トレヴィの泉」近くの裏路地。
この日は昼間に雨が降っていて、夜になっても石畳の道には水たまりが残っていました。水たまりにはお店のネオンなどが映り込んでいて、幻想的。ローマは雨でも素敵でした。

バチカン市国の「サン・ピエトロ大聖堂」近くの裏路地。
白髪の素敵な男性に目がいってしまいますが、注目すべきは手前の柱。ただ無機質な柱ではなく、柱の上部は蔦が絡まっているようなデザイン、下部には紋章のようなものがあしらわれていて、とてもおしゃれ。

“聖天使城”と呼ばれる「サンタンジェロ城」近くの裏路地。
少し凹凸のある石畳にカラフルな建物が並ぶ、私が思うこれぞイタリア!という光景が裏路地に広がっていました。奥のピンクの建物の窓には赤い花が咲く植木鉢が飾られていました!




フィレンツェの裏路地

アルノ川に架かる「ヴェッキオ橋」近くの裏路地。
フィレンツェはローマよりも街全体がコンパクトで、路地が入り組んでいました。フィレンツェは石畳ではない路地も結構多かったです。

フィレンツェのランドマーク「サンタ・マリア・ノヴェッラ教会」近くの裏路地。
街の中心部は車はほとんど走っておらず、ほぼ歩行者天国状態なので歩くには最高です。

こちらも「サンタ・マリア・ノヴェッラ教会」近くの裏路地。
路上でアコーディオンを演奏してお金を集めている人もいました、日本でも路上で楽器を演奏している人をたまに見かけますが、アコーディオンを演奏している人はなかなかいませんよね。さすがはイタリア...!街の雰囲気と見事にマッチしていて素敵でした。




ベネチアの裏路地

ベネチア本島の北側「フォンダメンタ・ヌォーヴェ停留所」近くの裏路地。
ベネチアはフィレンツェよりもさらにコンパクトで、道はかなり複雑でした。迷路のようになっているので、街歩きは楽しいですが道は全然覚えられませんでした...。

どこのあたりの裏路地かは忘れてしまいましたが、夜の裏路地はこんな雰囲気です。
ベネチアは人気観光地なのでお昼は多くの人で賑わっていましたが、夜になるとほとんど人がいなくなってびっくりしました。

こちらは裏路地ではないですが、ベネチア本島の真ん中「Osteria Bancogiro」近くの小さな広場。
この広場では現地の少年たちがサッカーをして遊んでいました。

ベネチア本島から水上バスで30分ほど離れた「ブラーノ島」の裏路地。
カラフルな建物が並ぶとても可愛らしい街並みが人気のブラーノ島は裏路地もカラフルでした。




滞在期間は各都市3日ほどでしたが、観光名所を巡るだけでは感じられなかったであろう、イタリアの生活感のある雰囲気を感じることができました。
海外の裏路地には面白いものがたくさんあるので、次の海外旅行先ではぜひ裏路地ものぞいてみてくださいね。


あなたの知らない
しおりをご紹介!

create このしおりを書いたライター

このライターのしおり