search

close

ベルギーは中世のヨーロッパらしい街並みが素敵。小さな国ですが見どころはいっぱい。ドイツ・オランダ・フランス・ルクセンブルグに囲まれていて、どの国からもアクセスしやすく、周遊がおススメです。そんなベルギーを観光する際に役立つちょっとした情報をお届けします。




1.観光するなら土日祝がお得!?

周辺の国を平日に観光して土日はベルギーを回るように日程を組むのがおススメです。いやいや。ヨーロッパは土日お店閉まるでしょ。って声が聞こえてきそうですけど安心してください。たしかに個人店など閉めるお店もありますが、ブリュッセル、アントワープ、ブルージュ、ゲントなど観光地で有名な都市は、スーパー・レストラン・カフェ・観光施設もあいているので困ることはないです。

ただ祝日にはお気を付け下さい。ベルギーのナショナルホリデーはお店を閉める可能性が高いです。ではなぜ土日をおススメするのか。

理由は公共機関にあります。ベルギーでは土日祝に電車のチケットがなんと半額になるのです。平日に移動するより断然お得に行けちゃうので利用しない手はありません。平日はブリュッセル⇔ゲントが往復で18.20EUR。土日祝は9.10EUR。

ただしここで1つ注意してほしいことがあります。電車のチケットは往復で買うこと。なぜか片道で買うと半額にならないのです。さらにこれはゲントに限りますが、毎月第一日曜日はトラムが無料になります。観光に欠かせないトラムがパスを買わずに利用できるのは嬉しいですよね。




2.ちょこっと早起きがおススメ

市によって曜日が異なりますが、土日はどこかしらマルシェがやっています。売られているものは様々で、パン・お花・野菜・チーズ・肉類・ワッフル・本・アート作品まで幅広いジャンルが揃っています。とくにチーズは日本にはない珍しいものが手に入ったりするのでお気に入りを探してみてください。どこの都市も13時前後には閉まるので少し早起きをする必要がありますが、見ているだけでも楽しいです。

ここでも1つ注意してほしいことがあります。それは細かい現金を用意すること。ヨーロッパはカード社会でどこでもカードが使えますが、マルシェは別です。一定金額以上買わないと使えなかったり、そもそもカード自体が使えないところもあります。銀行で少額のEURを手に入れておくことをおススメします。天気の良い日曜はぜひマルシェに足を運んでみてください。




3.お土産の調達はスーパーとドラッグストアが便利

スーパーマーケットは国によって色んな違いがあって楽しいですよね。よく利用しているのはDELHAIZE、Carrefour、Albert Heijn、Lidl、ALDIです。お気に入りはDELHAIZEとAlbert Heijn。ほかのスーパーに比べると少し高めではありますが品揃えがよく品質もいいです。かわいいパッケージの物もあるので、お菓子や食料品のお土産を探すのには最適です。

ドラッグストアはApotheekを利用することが多いです。緑色が目印で看板にもApotheekと書いてあり、どこにでもあります。日本で買うとヨーロッパコスメは高いですよね。普段から使用しているブランドのある方は旅行ついでに安く買っちゃいましょう。だいたい日本の半額くらいでラロッシュポゼやビオデルマ、アヴェンヌが買えます。

オーガニックコスメを探すときに利用しているのがHolland & Barrett。ばらまき用のお土産にリップ、ハンドクリームをよく買いますが、オーガニックは喜んでもらえます。




いかがでしたでしょうか。
ベルギー旅行を計画の際にお役に立てばと思います。


あなたの知らない
しおりをご紹介!

create このしおりを書いたライター