search

close


都心から電車で 1 時間半というアクセスの良さと、美味しいグルメで溢れている魅力いっぱいの沼津港。最近インスタ映えすると話題のスイーツもあるんです!
そんな沼津港を半日で散策してきました。話題のスポットをご紹介します。




沼津港といえば!やっぱりお寿司!

沼津港は言わずと知れた日本有数の漁港。そこで食べるお寿司は、どれもこれも絶品なんです!

そんな沼津では、お寿司屋さんも数知れず。支店も多くでているような有名なお寿司屋さんもある中で今回ご紹介するのは、地元⺠絶賛、老舗のお寿司屋さん。『双葉寿司』

わたしは、『おまかせ 地魚入にぎり』を頼みました。お寿司 8 貫に卵焼き、お味噌汁がついてきました。大満足のちょうどいいボリュームで、お値段 2700 円

『春夏秋冬 季節のおまかせ』(お値段 3700 円)も大人気メニューなので、ぜひ食べてみてくださいね。

お店はやっぱり人気で並ぶこともしばしば、ですが店内は広く、かつ、人の回りがとても速いので、⻑く待つことなく食べられるのも嬉しいですね。




インスタ映えする⻘いプリン!?

こんなに綺麗な色のプリンをご存知ですか?

いまインスタ映えするプリンとして話題になっている『深海プリン』です!

このプリンは名前の通り、駿河湾の深海を表現したプリンです。実は、沼津港のある駿河湾は日本一深く、最深部の水深はなんと 2500m という深さなんです!おどろきですよね。

プリンを販売しているお店も⻘で統一されていて、かわいい!

土曜日だったから、ということも関係あるのでしょうか。お店の前には、プリンを買い求めに来たお客さんが結構並んでいました。




ジェラートもどうぞ

さきほどの『沼津深海プリン工房』には姉妹店があるんです。沼津深海プリン工房から歩いて、たったの 2 分。

『⻘とプリンとジェラートと』というお店に到着です。

このお店で食べられるプリンはさきほどの深海プリンよりさらに深くなった『深深海プリン』
下にもう一層増えました(笑)

プリンにのっている⻘いものは、ソーダ味のジュレ。これが意外に甘いプリンとよく合うんです。見た目のインパクトだけではない、味もおいしいプリンをぜひ食べてみてくださいね。

プリンも左上からプレーン、深深海プリン、塩キャラメル、いちごといろいろな味が楽しめます。深深海プリンの奥にあるのは塩キャラメルラテ。これもおいしいと評判なんですが...

このお店でイチ押しなのは、ジェラートです!
カラフルでかわいいですね。プリンがラムネなので、ジェラートはロイヤルミルクティー味といちご味を注文。

濃厚なのにあっさりしていて、食後のデザートにぴったりでした。
こんなふうにかわいい写真が撮れるスポットがあるのも嬉しいです。

カフェの店内もすごく凝っていて、とにかくかわいい!!あちこちで写真を撮りたくなるカフェなんです。
ショーケースの隣にある、こちらの扉を開けると...

深海をイメージしたお部屋が。
深い⻘色に癒されながら、ゆったりカフェ気分を味わってくださいね。




深海魚を食べられる『沼津バーガー』

こちらのお店のパテは、深海魚。深海魚バーガーに、サメバーガーに、金目鯛バーガーと、見たことのないハンバーガーが食べられます!


わたしが注文したのは、深海魚バーガー
温かいふわふわのバンズに、どーんと深海魚!!
しかし、もうフライになってしまうと深海魚なのかどうかわからないので、食べやすいです。

味は白身魚と一緒で、クセもなくおいしい。普通の白身魚のフライと違いがわからず...。
ただただ美味しかったです(笑)




お土産はここで決まり!

沼津港でお土産を買うならここ、『サスヨ海産市場』がおすすめです。お店にはずらーっと干物がならび、奥には珍味や塩辛などの水産加工食品も。


干物は自家製で数十種類あるそうです!沼津の美味しい海の幸を家に帰ってからも楽しめます。
自分へも、誰かへも、ぜひ沼津のおいしいお土産を買ってみてくださいね。


また、写真にはありませんが、お店では BBQ ができるようになっており、新鮮な海老や貝などの海産物をその場で焼いて食べられるんです。おいしいかなんて、言うまでもないです!




もちろん、オシャレなカフェも

こんなお洒落な住宅街のような雰囲気の場所があります。
沼津の『港八十三番地』という場所です。
ここの少し奥には『沼津港深海水族館』があります。

沼津らしい海鮮丼のお店や、お洒落なレストランやカフェ、ベーカリーショップなどなど!



いかがでしたか?
沼津港グルメを思う存分楽しんでくださいね!




あなたの知らない
しおりをご紹介!

create このしおりを書いたライター

このライターのしおり