search

close


秋も深まる今日この頃、これだけ気持ちいい天気だと休日もお出かけしたくなりますよね。
大阪から1時間前後で行ける奈良は人気の観光地ですが、その中でも今回は長谷寺への、のんびり日帰り旅をご紹介したいと思います。




長谷寺ってどこ?

奈良県桜井市にある長谷寺は、近鉄大阪線の長谷寺駅から徒歩15分ほど歩いたところにあるお寺です。大阪市内からは1時間20分ほどで到着出来ます。近鉄大阪線はローカル線として紹介されることはあまりない電車です。しかし、長谷寺駅に近づいてくると途端に自然豊かな山や川が見えるようになり、少しローカル感が出てきます。
もちろん車で行くことも可能ですが、電車旅が好きな方は長谷寺駅付近や長谷寺参道の風景が素敵なので、ぜひ電車で行ってみてください。





長谷寺参道を歩く

長谷寺へ行くまでの道には、こんな風にカフェや神社、お寺などが並び、歩いているだけでもうきうきしてしまいます。


自動販売機に地酒(原酒)のカップ酒が!奈良の地酒「こもりくの里」です。


草餅屋さんが人気でした。奈良といえば草餅。行きも帰りも草餅を求めた観光客でいっぱいでした。
そして奈良といえば三輪そうめん。ランチタイムは三輪そうめんを使った定食が多く振る舞われているようでした。




法起院へ

長谷寺へ行く道中にある法起院。西国三十三所めぐりの番外札所のお寺として有名です。
ここには「はがきの木」と呼ばれる木があり、その木の裏に願い事を書くと願いが叶うとか。





長谷寺へ

長谷寺は奈良時代に創建されたと言われているお寺です。先ほどの法起院と同じく西国三十三所めぐりで訪れられるお寺として知られています。また「花の御寺」として季節に応じて四季折々の花を楽しめることで有名です。インスタグラムにもよくポストされていますよね。この時期はもみじがたくさんあるので、紅葉を見るのにもおすすめです。私が行った際は少し早かったので、これからがちょうど見頃になるかなと思います。


長い階段を上ります。


長谷寺への階段を上る途中の風景。


そして蔵王権現三尊像。


上ると素敵な境内と景色が!(ご本尊は撮影不可です。行かれる際はご注意を!)


長谷寺からの風景


五重塔。この付近はもみじが多かったので、真っ赤になった頃は、五重塔の赤ともみじの赤とが相まって圧巻だと思います。


お土産屋さんも。お香やお守りなどがありました。


春と秋には古くから女人に開放されていたことで有名な室生寺(奈良県宇陀市)と長谷寺を結ぶバスが運行されているので、バスを利用して室生寺まで足を伸ばしてみるのもよいかもしれません。




日常のせわしさから離れ、厳かな雰囲気の中、心が洗われること間違いなし!私が訪れたころは紅葉が少し始まったところでしたが、紅葉が深まるこれからはもっと楽しめると思います!
秋におすすめの日帰り旅です。




あなたの知らない
しおりをご紹介!

create このしおりを書いたライター

このライターのしおり