search

close


2019年9月28日、「カフェ・ベローチェ」などを展開するシャノアールの新業態として、窯焼きスフレオムレツとスフレクレープのお店「YELLOW MARKS(イエローマークス)」がオープンしたのをご存知ですか?

カフェチェーンのイメージが強い会社ですが、今回オープンした「YELLOW MARKS(イエローマークス)」では、厳選された卵で作るスフレオムレツやスフレクレープ、お店で手作りするジャム・シロップ類を使用したドリンクやデザートなどが食べられるのだそう!

さっそく行ってきました!




ポップな黄色の店内は工房一体型!待っている間もワクワク

「イエローマークス」がオープンしたのは、渋谷駅ハチ公前から徒歩7分、渋谷パルコへ向かう坂の途中。看板と内装の明るい黄色が目立つので、前を通りかかればすぐに気づくはず!

お店の前にはメニューも出ていました。なんだこのふわふわの塊は!! 絶対に食べたい!!!

店内は50席もある、広々とした空間です。「料理を待っている時もテーマパークで順番待ちをしているかのように」との思いから、工房一体型のライブ感溢れる店内になっており、入り口や客席からキッチンの中がよく見えます。

ちなみにこの日のお客さんは、女性が多め。グループで来ている人もいましたが、1人ランチをしているお姉さんが多い印象でした。




サイドメニューまで色鮮やか!小瓶入りの自家製ピクルスも!

さっそくメニューを見てみましょう! お店の2大メニューは、「スフレオムレツ」と「スフレクレープ」。どちらも魅力的で迷いましたが…今回は「窯焼きスフレオムレツセット ベーコンオムレツ(デミグラスソース付)(税抜980円)」を注文してみることに!

まずは、セットのサラダと自家製ピクルス、スープが運ばれてきました。
人参ドレッシングのかかったサラダは、とっても色鮮やか! メインのオムレツへの期待が高まり、ワクワクしてきます。

こちらの可愛らしいピンクの小瓶は、セロリのピクルス。シャキシャキした食感とさっぱりした酸味が楽しく、女性に人気がありそうです。お隣のお客さんには、黄色い「パイナップルのピクルス」が運ばれてきていましたよ。

そしてスープは、まろやかでコクのあるお味。オムレツと一緒にいただいても美味しいので、メインが運ばれてくるまで、少しとっておいてもいいかも!




見た目も中身も最強!ふわっとろのスフレオムレツ

サラダやスープをいただきながら待っていると、ついにオムレツがやってきました。

うわあああ、こんな黄色いふわふわ、初めて見た〜〜〜!! 枕にしたい!!!

もはや私の知っている「オムレツ」ではありません。
厳選たまごを使い、フライパンではなく窯焼きで作られた、ふわっふわのスフレオムレツです。

「イエローマークス」のスフレオムレツは、3層構造! 真っ黄色の1層目は、オーダーを受けてから泡立てはじめる、ふわっふわのスフレ。2層目は、スフレと相性がよく、風味と食感のアクセントになる素材(私のオーダーしたメニューではベーコン)。そして3層目には、たまごとブイヨン、生クリームで仕上げた、プルとろ食感のロワイヤル(洋風たまご豆腐)が入っています。

ではいよいよ、このシャベル型のスプーンで、ふわふわの表面を破っていきましょう!

プルっ!ふわ!スフレ生地は、ふわふわさを極めた蒸しパンのような食感。ほんのり素材の甘みが感じられます。
中には香りのいいベーコンと、茶碗蒸しにも似た舌触りのプルプルロワイヤル。ブイヨンの味付けが絶妙で、いくらでも食べられそうです。




スフレオムレツの楽しみ方は3通り!お気に入りの味を見つけよう!

実はこのスフレオムレツの楽しみ方は、「そのまま食べる」だけじゃありません!

こちらの「おすすめの食べ方」に書かれているように、そのまま食べたあとは、セットで付いてくる2種類のソースをかけて、それぞれ味の変化を楽しみます。

「鶏の出汁が効いたソース」と、具材と相性のいい「デミグラスソース」の2種類。

まずは、「鶏の出汁が効いたソース」から。うっすら酸味のある中華料理のような味わいのソースは、卵にじわっと染み込むと、甘みのある優しい味に。しつこくないので、たっぷりかけても美味しくいただけます。

お次は、ベーコンオムレツにピッタリな「デミグラスソース」。これ、洋食っぽさが増して、想像以上に美味しいです! 残りのオムレツをパクパクっと食べきってしまいました!




「イエローマークス 渋谷神南店」のスフレオムレツは、見た目のインパクトがあるのはもちろん、味も美味しく、変化を楽しみながら食べられる逸品! カフェチェーンの会社のお店で、手作り・できたてのお料理をいただけるなんて感動しました!



あなたの知らない
しおりをご紹介!

create このしおりを書いたライター

このライターのしおり