search

close

静岡県の三島市は、東京駅から新幹線に乗れば45分〜1時間で行くことができる、日帰り旅行にぴったりのエリア。富士山からの伏流水が豊富に湧き出る “水の都” 三島へ、心も体もリフレッシュするショートトリップに出かけてみませんか?

今回は三島エリアのおすすめスポットやグルメをご紹介します! 三島に行ったライターの旅のしおりは、写真下のリンクからご覧ください。





「源兵衛川」でせせらぎ散歩

写真:「『湧水の都・三島市』源兵衛川でせせらぎ散歩!三島駅からわずか5分のロケーション!」(ライター:Bremen)より

三島駅から徒歩5分、市街地を流れる、全長1.5kmの源兵衛川。水深の浅い川の中には飛び石でできた散策路が続いており、“せせらぎ散歩” を楽しめます。冷たい川の水に足を入れて涼むこともでき、夏は子どもたちの水遊びスポットとして大人気です。





「柿田川公園」で湧き水に癒される

写真:「【静岡】三島へ日帰りトリップ! 富士山の水が湧き出る『柿田川公園』って?」(ライター:ちゃんちか)より

三島駅からバスで13分、三島市のお隣・駿東郡清水町にある「柿田川公園」は、富士山の水が湧き出ているスポットで、名水百選にも選定されています。公園内の展望台から観察できるのは、地下水が絶え間なく湧き出る、美しい「湧き間」。他の観光スポットへもバスで行く場合は、東海バスの「みしまるきっぷ」を購入するとお得に移動できますよ!





「三島スカイウォーク」で富士山を眺めながら空中散歩

写真:「【静岡】三島へ日帰りトリップ! 富士山の水が湧き出る『柿田川公園』って?」(ライター:ちゃんちか)より

2015年にオープンした、全長400mの日本一長い歩行者用吊り橋「三島スカイウォーク」。360度パノラマの絶景スポットで、富士山や駿河湾を眺めながら空中散歩を楽しむことができます。橋の周辺には記念撮影ができるモニュメントや展望台もあるので、美しい大自然を写真に収めてみてはいかがでしょう。





「スカイガーデン」でちょっと休憩

三島スカイウォークには、お土産ショップ「スカイガーデン」も併設されています。伊豆や箱根にちなんだ土産物のほか、地元食材を使った軽食やドリンクも販売されており、休憩するのにもぴったり。天井が色とりどりの花のシャンデリアで埋め尽くされており、とってもフォトジェニックなスポットです!





「山中城跡」で戦国時代に思いを馳せる

写真:「【三島】史跡と日本一の吊り橋へ!〆はもちろん、う・な・ぎ!」(ライター:BLUE)より

日本百名城にも選定されている緑豊かな史跡公園「山中城跡」へは、三島駅南口からバスで約30分。山中城は小田原城を守る城として後北条氏により創築されたもので、現在もその特徴的な「障子堀」や「畝堀」を見ることができます。お天気がいい日には青々とした芝の向こうに富士山や駿河湾を望むことができ、季節によってツツジやアジサイ、スイレンといった花々も楽しめますよ。





「dilettante cafe」で地元食材を堪能

三島広小路の源兵衛川沿いにある「ディレッタントカフェ」は、予約しないと入店が難しいほどの人気レストランです。ここで味わえるのは、三島野菜や沼津港の新鮮な魚、県内産のお肉など、地元食材を使った料理。テラス席は川に面しており、爽やかな源兵衛川のせせらぎを楽しみながら食事ができます。





「みしまコロッケ」食べ比べ!

写真:「【静岡】三島へ日帰りトリップ! 富士山の水が湧き出る『柿田川公園』って?」(ライター:ちゃんちか)より

三島のご当地グルメのひとつが、箱根西麓で採れた三島馬鈴薯(メークイン)でつくる「みしまコロッケ」。中に入れる具や形は自由なので、市内外に246(2019年6月現在)ある “みしまコロッケ認定店” では、それぞれのお店の味が楽しめます。ちなみに三島馬鈴薯は、7月の1ヶ月間ほどしか出荷されない貴重な品。ぜひ旬の時期に訪れてみてはいかがでしょう。





やっぱり「うなぎ」は外せない!

▲「元祖うなよし」/ 写真:「【三島】史跡と日本一の吊り橋へ!〆はもちろん、う・な・ぎ!」(ライター:BLUE)より

▲「むさし」/ 写真:「【静岡】三島へ日帰りトリップ! 富士山の水が湧き出る『柿田川公園』って?」(ライター:ちゃんちか)より

三島グルメといえば、「うなぎ」も外せません! 静岡県の浜名湖・天竜川は昔からうなぎの名産地。三島を流れる富士山の湧き水にさらして身を締めると、臭みや余分な脂が落ち、美味しいうなぎに仕上がるのだそうです。三島駅や三島広小路駅付近には、人気のうなぎ屋が集まっていますよ。





夏の日帰り旅に

美しい水辺でのんびりと涼むことのできる三島エリアは、これからの暑い季節に特におすすめの旅先。新幹線+バスで観光できるため、車が無くてもふらっと行けるのが大きな魅力ですね。ぜひ足を運んで、三島の魅力を体感してみてください。



*「三島」の旅のしおり
>>【三島】史跡と日本一の吊り橋へ!〆はもちろん、う・な・ぎ!(ライター:BLUE)
>> 源兵衛川でせせらぎ散歩!三島駅からわずか5分のロケーション!(ライター:Bremen)
>> 三島へ日帰りトリップ! 富士山の水が湧き出る「柿田川公園」って?(ライター:ちゃんちか)



あなたの知らない
しおりをご紹介!

create このしおりを書いたライター

このライターのしおり