search

close


写真:itta編集部

恋人とクリスマスを過ごす予定のみなさん、もうデートの行き先は決まりましたか?
今回はittaライターの旅のしおりの中から、首都圏のクリスマスデートにおすすめなスポットをご紹介します。




チームラボ 森と湖の光の祭(埼玉)

写真:「【埼玉】チームラボが湖畔を彩る!幻想的な光と音のアート展『チームラボ 森と湖の光の祭』が開催」(itta編集部)より

埼玉県のメッツァビレッジに隣接する「宮沢湖」は、一周およそ2.5kmの美しい湖。ここでは2018年12月1日(土)〜2019年3月3日(日)の期間、宮沢湖の雄大な自然と最先端デジタルアートが融合した『チームラボ 森と湖の光の祭』が開催中です。

湖畔に置かれた無数の光り輝く物体は、人に押されると光の色が変化し、色特有の音色が鳴ります。光が放射状にどんどん物体と木々に伝播していき、一帯を染め上げる光景はとても幻想的。敷地内には急勾配の坂や階段があるため、動きやすい服や靴で訪れるといいでしょう。




メッツァビレッジ 湖畔と森 ~北欧のクリスマスマーケット~(埼玉)

写真:「マリメッコなどの北欧雑貨も!オープンしたての『メッツァビレッジ』で北欧気分を満喫してきた」(ライター:かずのこ)より

上でご紹介したイベントの会場「メッツァビレッジ」は、北欧のライフスタイルを湖畔の森で体験できる、入場無料の複合型施設。11月9日(金)~12月25日(火)の期間には、「湖畔と森 ~北欧のクリスマスマーケット~」も開催されているんです。

期間中は、「メッツァホール」でクリスマスオーナメントや雑貨が販売されるほか、12月9日(日)と24日(月)には、各日3回ずつ「ロバニエミのサンタクロースと握手&撮影会(無料)」も行われます。北欧のクリスマスムードを味わってみたい方は、ぜひ足を運んでみてください。




クリスマスマーケット in 横浜赤レンガ倉庫(神奈川)

写真:「ドイツ気分を味わえる! 横浜赤レンガ倉庫の『クリスマスマーケット』に行ってきた」(ライター:ちゃんちか)より

横浜のみなとみらいでは、11月23日(金・祝)~12月25日(火)の期間、ドイツの古都・アーヘンのクリスマスマーケットをモデルにした、「クリスマスマーケット in 横浜赤レンガ倉庫」が開催中。イルミネーションのトンネルが設置された会場内では、ホットワインやシュトレン、ソーセージといったグルメのほか、クリスマス雑貨などが販売されています。

また、2018年12月1日(土)~2019年2月17日(日)には、野外に特設されたスケートリンクとアートのコラボレーションが華やかな、「アートリンク in 横浜赤レンガ倉庫」も開催中です!




ラゾーナ クリスマスマーケット(神奈川)

写真:「【首都圏】2018年注目の『クリスマスマーケット』5選!」(itta編集部)より

仕事終わりに気軽に立ち寄りたいなら、JR川崎駅直結とアクセスの良い「LAZONA CHRISTMAS MARKET 2018」もおすすめ!2018年11月29日(木)~12月25日(火)の期間、「ラゾーナ川崎プラザ」ルーファ広場にて開催されています。

会場には、クリスマス装飾で彩られたヒュッテ(山小屋)と、Chill&Relaxをテーマにしたラウンジスペースが設置されているほか、ドイツビールやグリューワイン、ソーセージなどの屋台も出店。21時半までは暖房もついているので、のんびりとクリスマスの雰囲気を楽しめます。




さがみ湖イルミリオン(神奈川)

写真:「【神奈川】関東最大級のイルミネーション!冬の夜のおでかけに『さがみ湖イルミリオン』」(ライター:ちる)より ※今年の写真ではありません。

少し遠出してでも豪華なイルミネーションを楽しみたいなら、新宿からバスで約1時間、関東最大級のイルミネーション「さがみ湖イルミリオン」はいかがでしょう。約600万球の圧倒的な輝きに包まれる空間は、まるで夢の世界。広大な敷地内はエリアごとに異なるテーマが設定されているので、飽きることなく全体を楽しめます。

日常から離れられる神秘的な体験は、きっと思い出に残るデートになるはず。開催期間は2018年11月3日(土)~2019年4月7日(日)と長めなので、クリスマス以降に訪れることもできますよ。




よみうりランド ジュエルミネーション(東京・神奈川)

写真:「クリスマス後も楽しめる! 都内の人気イルミネーションスポット10選」(ライター:Bremen)より
※今年の写真ではありません。

遊園地とイルミネーションの両方を楽しめるのが、よみうりランドの「ジュエルミネーション」。2018年10月11日(木)~2019年2月17日(日)の期間中、600万球の宝石イルミネーションと、他では見られない噴水イルミネーションが園内を彩っています。

今シーズンは、全エリアのイルミネーションがリニューアル。高さ25mの光の山「ジュエリー・マウンテン」や、パワーアップした噴水ショーを鑑賞できるのも魅力です。11月23日(金・祝)~12月25日(火)には、ツリーを模したクリスマスバージョンの噴水ショーが行われるのでお見逃しなく!




国営昭和記念公園 ウィンタービスタイルミネーション(東京)

写真:「1万5千個のシャンパングラスツリーが圧巻! 昭和記念公園のイルミネーション」(ライター:Bremen)より
※今年の写真ではありません。

立川にある国営昭和記念公園では、2018年12月8日(土)~12月25日(火)の期間、「ウィンタービスタイルミネーション2018」が開催中。12月22日(土)~25日(火)には花火も打ちあがるため、華やかなクリスマスデートを演出できるでしょう。

合計15,000個のシャンパングラスを使用した、高さ約4.5メートルの「シャンパングラスツリー」や、約200メートル続く水路沿いの、イチョウ並木と大噴水のライトアップなど、公園の地形を生かしたダイナミックなイルミネーションが、通常の入園料(大人450円)で楽しめます!




青の洞窟 SHIBUYA(東京)

写真:「【渋谷】足元にも注目!『青の洞窟』は幻想的な青一色の空間」(ライター:Bremen)より
※今年の写真ではありません。

代々木公園ケヤキ並木から渋谷公園通りにかけてを彩るイルミネーション、「青の洞窟 SHIBUYA」もクリスマスデートにぴったり。2018年は11月30日(金)~12月31日(月)の期間、並木道が幻想的な青い光に包まれます。

開催3回目となる今年は、昨年好評だった動く光の演出に加え、鈴やベルの音色が鳴り響く音の演出も楽しめるのが魅力。クリスマス期間は、ピアノの音に連動してイルミネーションが変わる演出も実施されるそうです。ロマンチックな光と音のコラボレーションを、ぜひ体験してみてはいかがでしょう。




恵比寿ガーデンプレイス(東京)

写真:「クリスマス後も楽しめる! 都内の人気イルミネーションスポット10選」(ライター:Bremen)より
※今年の写真ではありません。

毎年人気の「恵比寿ガーデンプレイス ウィンターイルミネーション」が、2018年11月3日(土・祝)~2019年2月28日(木)に開催。イルミネーションの奥には、世界最大級、ライト総数250灯の「バカラシャンデリア」も飾られ、ゴージャスな空間が演出されています。開催内容によって期間が異なるので、詳しくは公式ホームページをご覧ください!

12月25日(火)までは、五感でバカラの世界観が体験できるシャンパンバー「Baccarat ETERNAL LIGHTS Champagne Bar with TAITTINGER」や、ヒュッテ(山小屋)が立ち並ぶ「Christmas Marche」も登場。冬のイベントが盛りだくさんに詰まっていますよ!




六本木ヒルズ イルミネーション(東京)

写真:「けやき坂だけじゃない! 冬のデートで行きたい六本木ヒルズ周辺のイルミネーションまとめ」(ライター:かずのこ)より

六本木の街がきらめきに包まれる「Roppongi Hills Christmas 2018」。2018年11月5日(月)~12月25日(火)の期間中には、約70万灯の光がけやき坂通りを彩り、「66プラザ」や「ウェストウォーク」には個性的なツリーが飾られています。

また、2018年11月23日(金)〜12月25日(火)には、六本木ヒルズの大屋根プラザで「クリスマスマーケット」も開催。ドイツの有名なクリスマス用品専門店や、ドイツ料理のお店が並んでおり、本場のクリスマスマーケットを訪れたような感覚を味わえるでしょう。




東京タワー ウィンターファンタジー(東京)

写真:「クリスマス後も楽しめる! 都内の人気イルミネーションスポット10選」(ライター:Bremen)より
※今年の写真ではありません。

東京タワーでは、2018年11月2日(金)~2019年2月28日(木)の期間、「東京タワーウィンターファンタジー ~オレンジ・イルミネーション2018~」が開催中。オレンジ色に輝く東京タワーの真下には約73,000個のLEDが輝き、「オレンジ色の光の共演」が楽しめます。

さらに、東京タワー開業60周年を迎える今年は、樹齢60年、高さ約 11mの“生のモミの木”が登場。ツリー周辺には、開業60周年にちなんで60種類の常緑針葉樹と草花が植えられた、「60(ロクゼロ)ガーデン」も作られ、お祝いムードに包まれています。




丸の内イルミネーション(東京)

写真:「クリスマス後も楽しめる! 都内の人気イルミネーションスポット10選」(ライター:Bremen)より
※今年の写真ではありません。

東京駅のそばでは、2018年11月8日(木)~2019年2月17日(日)の期間、丸の内エリアの冬の風物詩「丸の内イルミネーション2018」が開催中。約1.2kmの丸の内仲通りを彩っているのは、丸の内オリジナルカラー「シャンパンゴールド」のLED約100万球です。

ブランドショップが並ぶ通りに沿って200本を越える街路樹が輝く光景は、都会ならではの上品な美しさ。有楽町エリアには去年に引き続き「光のゲート」が設置され、大手町仲通りもイルミネーションで飾られます。




綺麗なイルミネーションや本格的なクリスマスマーケットを二人で楽しめば、きっと思い出深い1日になるはず。クリスマスデートの行き先をこれから決める方は、ぜひ参考にしてみてください。




あなたの知らない
しおりをご紹介!

create このしおりを書いたライター

このライターのしおり