search

close


こんにちは!
観たい景色があればどんな場所でも行っちゃいます!タカシです!

本日はそんな僕がこれまで旅した40カ国からもう一度観に行きたい絶景10選を紹介します。




1.カズベキ山(ジョージア)

ジョージアの首都トビリシから車で5時間ほど北上した場所にカズベキ村という小さな村があります。
その村を囲うように山々が連なり、見渡す限り自然、自然、自然。山には天国に一番近い教会といわれているツミンダ・サメバ教会があり、そこを目指して多くの人がトレッキングを楽しんでいます。




2.カッパドキア(トルコ)

気球の街で有名なトルコのカッパドキアです。
毎朝、日の出前から無数の気球が大空へ飛んでいきます。気球に乗らなくても見ることはできますが、上空から見る景色もまた特別なので、ぜひ乗ってみてください。




3.サントリーニ島(ギリシャ)

エーゲ海に浮かぶ、白と青の街並みが美しいサントリーニ島。
アテネから飛行機でたったの45分で行けてしまいます。晴れた日のエーゲ海の青さは他の海とは比べものになりません。また、海に沈んでいく夕日は世界一綺麗と言われているほど。ぜひ大切な人と一緒に見てください。




4.ホイアン(ベトナム)

ホイアンのこの街並みは世界文化遺産に登録されているほど。
朝は人通りも少なく、静かで落ち着いた雰囲気が楽しめます。川に薄っすらと反射する対岸の景色はいつまでも眺めていたくなりますね。夜になると近くでマーケットが開かれ、朝の景色とは一変し賑やかなナイトライフが待っています。屋台やレストランに吊るされたランタンが川の水に反射して、とてもロマンチックでした。




5.プレアビヒア(カンボジア)

カンボジアの見どころはアンコールワットだけではありません。知る人ぞ知る名所、プレアビヒア。
シェムリアップからは車で4時間ほど悪路を進み、山を越えた場所に位置します。実はプレアビヒアとは、寺院の名前なのですが、ここから見る景色は素晴らしかったです。どこまでも続く緑の大地に、地平線とはまさにこのことを言うのかと思いました。




6.セヴァン湖(アルメニア)

コーカサス最大の湖、セヴァン湖。
この湖のほとりにひっそりと佇む教会は約1,200年前に建てられたというから驚きです。教会の近くまで丘を上がると、大きな湖を一望できます。心地よい風を浴びながら、この景色を眺めるのは最高の時間でした。




7.モルスキエオコ (ポーランド)

ポーランドで唯一の山岳リゾートと名高いザコパネ。スロバキアとの国境近くにある国立公園です。
公園の入り口から約2時間トレッキングをした先に待ち構えているのがここ、モルスキエオコという名の湖です。水の透明度はとても高く、そして緑に囲まれているため空気も美味しかったです。歩くのが厳しいという人は、途中まで有料の馬車で来ることができますが、やはり自分の足で歩いて見る絶景の方が感動も大きいと僕は思います。




8.アララト山(トルコ)

あの有名な神話、ノアの箱舟が漂着したと言われているのがここ、アララト山。
実際に山が位置しているのはトルコ領なのですが、お隣の国アルメニアからもその壮大な姿を観ることができます。山が綺麗に見られるのは空気が澄んでいるときだけなので晴れた早朝に訪れることをオススメします。




9.四万十川(日本)

高知県の四万十市など、複数の地域に渡って流れる全長196kmものとても大きな川。いつまでも眺めていたくなるような、どこか懐かしい雰囲気がありますね。川沿いを歩いたり、サイクリングしたりしてお気に入りの景色を見つけてみてください。




10.ラン島(タイ)

タイの首都バンコクから2時間で行けるビーチリゾートパタヤ。さらにそこからフェリーで40分ほど揺られると、現れるのがラン島です。パタヤよりも海が綺麗でマリンアクティビティも充実しており、気軽にリゾート気分が味わえるのがいいですね。




いかがでしたでしょう?
世界にはまだまだたくさんの絶景があなたを待っています。同じ瞬間は二度とない景色だからこそ、インターネットや本で見る写真に満足せず、あなただけの絶景を見つけてみてください。

あなたの知らない
しおりをご紹介!

create このしおりを書いたライター