search

close
2018-12-08

日本初上陸! ラルフローレンの常設カフェ「Ralph’s Coffee Omotesando」


原宿・表参道にある「ラルフローレン」の路面店が、先月2018年11月22日、ブランド創立50周年を記念してリニューアルオープンしました。さらに今回のリニューアルに伴い、1階には、ラルフローレンの常設カフェ「Ralph’s Coffee(ラルフズ コーヒー)」が日本初上陸したとのこと。

「ハイブランドのカフェならば、さぞお洒落に違いない!」と期待に胸を膨らせ、実際に行ってきました!





クリスマス仕様に胸が躍る! 海外のようなクラシカルな店内

「ラルフローレン」の店舗があるのは、表参道の大通り沿い。リニューアルしたショップの入口は、上品なブルーが目印です。


そして、カフェがあるのはその右横。グリーンのひさしの上に、コーヒーカップのマークがあるのでわかりやすいですね。「ラルフズ コーヒー」は、ニューヨーク、ロンドン、パリ、シカゴ、香港といった世界のお洒落都市にあるカフェ。日本でも体験できるなんて、ワクワクします!


入口から店内を覗くと、白とグリーンを基調にした、クラシカルでお洒落な空間が広がっていました。床も幾何学模様のタイル貼りで高級感があり、さすが「ラルフローレンのカフェ」といった雰囲気!

平日の昼間ということもあってか、28席ある店内にはまだ空席がありました。テイクアウトもできるので、場所柄お買い物ついでに寄る人も多いのでしょう。


店内は緑と赤でクリスマス仕様に飾られており、自然と気分が弾みます。表参道は外国人のお客さんも多いので、まるで海外のカフェに来たかのような雰囲気も味わえました。






ハイブランドのカフェメニューって、高いんじゃない…?!

注文は入口の右側にある白いカウンターで。ラルフローレンというと百貨店にも入っているようなブランドなので、「カフェのお値段もそこそこするのでは…?」とビビッていましたが、ドリンクは500~700円くらいの価格帯でした。コーヒーのほかにも、ホットチョコレートやティー、レモネードなども揃っています。


ニューヨークで人気のコーヒーショップ「ラ・コロンブ」が特別にブレンドした、「ラルフズ ドリップコーヒー(500円)」を注文しようと思っていたのですが、この日はあいにく品切れ中とのこと。代わりにおススメされた、「アメリカーノ(500円)」を注文しました。グリーンのロゴ入りカップがかわいい~!


フードメニューも充実しており、マフィン(450円)やクロワッサン(290円)、ブラウニー(500円)、サンドイッチなどがショーケースに並んでいます。ケーキ類は950円とちょっとお高めなのですが、どれもアメリカンで美味しそう!


店内では「ラルフズ コーヒー」のオリジナルグッズも販売されていましたよ。トートバックやTシャツ、カップやお皿、ペンケースまで! ブルックリンのショコラティエ「FINE & RAW」が監修したチョコレートバーも、ちょっとしたギフトに良さそうですね。






SNS用の写真を撮るなら、ポイントはここ!

注文カウンターの向かいには、テーブル席を挟んで、グリーンのソファ席がありました。その上には大きなロゴが貼られた鏡張りの壁。お店全体がお洒落なので、どこで写真を撮るか迷ってしまいますね…!


テイクアウトするなら、お店の入口と写真を撮っても素敵です。SNSに投稿すれば「海外旅行に来ている感」が出せます。


お店の前にはツタの張った壁があるので、その前で写真を撮るのもおススメ! ロゴのグリーンとぴったりの色合いです。



上品な雰囲気の中、美味しいコーヒーでほっと一息つけるカフェ「ラルフズ コーヒー」。12月の営業時間は11:00〜16:00とちょっぴり短めなので、時間帯に気をつけて訪れてみてください!(営業時間は変更される可能性があるそうです。)



あなたの知らない
しおりをご紹介!

create このしおりを書いたライター

このライターのしおり