search

close
2018-12-03

黄金のタピオカがたっぷり! 表参道にオープンした台湾ドリンクスタンド「KOI Thé」


先日11月23日、表参道に新たなタピオカスタンド『KOI Thé (コイティー)』がオープンしました。ちょっと変わったタピオカが食べられるみたいなので、さっそく行ってきましたよ!




お店の前には長蛇の列!思わず写真に撮りたくなるオブジェも

お店がオープンしたのは、明治神宮前駅から徒歩4分、明治通りから一本路地を入ったところです。オープン翌日の15時ごろに訪れたのですが、平日にもかかわらず、お店の前には長蛇の列ができていました!

実はこのお店、台湾に500店舗を展開する、お茶を使ったドリンク専門店『50嵐』の海外ブランド。『KOI』自体も、台湾、シンガポール、中国、インドネシアなど、世界12ヶ国に250店舗以上を展開しているんだそうです。日本では今回オープンした表参道店以外にも、広島と沖縄に2店舗ずつ出店しています。


入口の前には、こんなに大きなオブジェが。一瞬「いくら!?」と目を疑ってしまったのですが、これは『KOI Thé 』自慢の「無着色ゴールデンタピオカ」。天然由来の琥珀色ということで、実物を見るのが楽しみです。


お店の前を通る人たちからは、「ドラゴンボールじゃん」との声も…。集めすぎです。


インスタ風のパネルもありました。写真を撮りたくなるポイントがたくさん…!




いよいよオーダー!トッピングにはプリンやアイスまで!

列に並んで40分ほど待ち、いよいよ店内に。 

メニューは大きく分類すると、「フレーバーティー」「ミルクティー」「ティーラテ」「マキアート」「ジュース」「タピオカティー他」に分かれており、タピオカティー以外のドリンクにも、トッピングを足すことができます。トッピングは、「ゴールデンタピオカ(琥珀色のタピオカ)」「パールタピオカ(透明のタピオカ)」「プリン」「アイスクリーム」の4種類!


甘さと氷の量を自分好みにカスタマイズでき、サイズはS・M・Lから選べます。クリスマス仕様のカップもかわいい~! そこまでお茶の味が濃くないため、氷少なめにしておくと、多少溶けても薄味にならなさそうです。

オーダーした後は、レシートに記載されている注文番号が呼ばれるまで少し待機。モニターに自分の番号が映し出されたら、カウンターまで受け取りに行きます。

店内には長テーブルが1つと、イスが9席ほどありました。お店自体は混んでいましたが、テイクアウトして外で飲む人がほとんどなので意外と座れそう。




たっぷりすぎる!見た目も美味しさも満足の「ゴールデンタピオカ」

そしてついに、番号を呼ばれて「タピオカミルクティー」をゲットしました…!!

まずビックリするのが、タピオカのボリュームです!ご覧のとおり容器の約3分の1がタピオカで埋まっているので、持つとずっしり重さを感じます。一口吸うと、予想以上にたくさんのタピオカが口に入ってきて慌てました。こんな感覚、他のタピオカミルクティーでは味わったことないかも!


琥珀色に輝くゴールデンタピオカは、他のお店のタピオカに比べてやや小さめですが、表面がツルツルで、ぴちっと締まっているのが特徴。モチモチというよりも、プリプリとした噛み応えです。

ブラックタピオカほど甘くないので、たっぷり入っているのに飽きないのもポイント。食べる前は「いくらみたい」なんて思っていましたが、ゴールデンタピオカ、かなり美味しいです!!!

ミルクティーは、茶葉の主張が強すぎず、あっさり飲めるタイプ。優しい甘さで、ほんのりカラメルのような味がします。噛み応え抜群のタピオカだったので、完食するとかなりお腹いっぱいになりました。ちょっとお腹を空かせて行くくらいがいいかも…?




新食感の「ゴールデンタピオカ」入りドリンクが飲める『KOI Thé 』。表参道店はしばらく混雑が続きそうですが、列に並んでよかったと思える美味しさです。見た目も珍しいので、近くを訪れる際はぜひ、立ち寄ってみてはいかがでしょう!



あなたの知らない
しおりをご紹介!

create このしおりを書いたライター

このライターのしおり