search

close
2018-07-04

【静岡】富士山を眺めながら、35分の優雅な船旅!「清水港ベイクルーズ」乗船レポ

国民的アニメ『ちびまる子ちゃん』の舞台として有名な静岡市清水区は、清水港を中心に発展した港町で、三保の松原や富士山などの美しい風景も楽しめます。東京駅から新幹線を利用すれば片道1時間半ほどでアクセス可能。都内からの日帰り旅にもおすすめの旅先です。

そんな清水を観光するならぜひおすすめしたい、優雅な「清水港ベイクルーズ」をご紹介します。




乗り場は、JR清水駅からバスで10分

JR清水駅西口から、三保車庫行きの路線バス(しずてつジャストライン)に乗車します。「波止場・フェルケール博物館前」バス停で下車し、徒歩3〜4分で乗り場へ到着。バスの運賃は100円、所要時間は10分ほどです。

周辺には「ちびまる子ちゃんランド」や観覧車もあるので、セットで訪れるのも良いですね。

>> 清水港ベイクルーズ乗り場へのアクセス(公式サイト)





予約不要で気軽に乗れる!

今回編集部が乗船するコースは、日本三大美港の一つと言われる清水港を出発し、三保半島に囲まれた穏やかな海を巡る35分間のクルーズ。基本的には事前予約不要で、当日に遊覧船乗り場受付にて乗船券を購入します。当日のお天気が良ければふらっと参加できるのが嬉しいですね。


出港 帰港 所要時間 料金(大人)
11:30 12:15 45分 1,100円
13:00 13:45 45分 1,100円
14:10 14:45 35分 1,000円
15:00 15:35 35分 1,000円


※45分間のクルーズでは船弁を楽しむことも可能(要予約)
※2018年7月時点での情報です。最新の情報は公式サイトにてご確認ください。


>> 航路 / 時刻表(公式サイト)





いざ、乗船!

今回乗るのは、こちらの「ベイプロムナード号」。
株式会社エスパルスドリームフェリーが運航する、最大旅客定員 343名の船です。

船内1階はポップな内装。

2階にはこんな眺めの良い席も。

デッキに出て、潮風を感じながら眺望を楽しむこともできます。海の向こうには、古来より人々を魅了してきた景勝地「三保の松原」が!




富士山は・・・?

さて、楽しみにしていた富士山はと言うと・・・

なんと編集部が訪れたこの日の静岡市は、朝から雨が降ったり止んだりを繰り返す特異な気象・・・! 富士山は大きな雲に覆われてしまいました。

残念でしたが、それでも非日常感を充分味わうことができ、富士山が見えなくても乗る価値が大いにあるクルーズでした。ちなみに、台風などのよっぽどの荒天でない限りは、欠航することはほとんどないそうです!




ご当地ドリンク勢揃い

富士山が見えなくても、ご当地ドリンクが船旅気分を盛り上げてくれますよ!

船内の売店では、コーヒーやアルコール飲料のほか、「富士山サイダー」や「わさびジンジャーエール」、「うなぎコーラ」など、変わり種ドリンクも販売されています。みんなで飲み比べてみるのも楽しいかも?

これからの季節は、冷えた生ビールをデッキでグイッと飲むのも良いですね! 三保の松原を眺めながらビールを飲む機会なんて、なかなか無いのでは。

旅情に浸っているとあっという間に35分が経ち、元の港へ帰ってきました。




静岡観光プランに、優雅なクルーズを組み込んでみませんか?

気軽に乗ることができる「清水港ベイクルーズ」。素敵な景色に囲まれ、非日常を楽しむことができました。
いつもと少し違った静岡観光がしたいとき、旅プランに組み込んでみてはいかがでしょうか?



*関連記事
>> 東京から2時間半の秘境! 梅ヶ島温泉郷のおすすめ観光スポット9選
>>【梅ヶ島温泉】知る人ぞ知る、1日6組限定のお宿「おもいでの宿 湯の島館」で秘湯をひとり占め



あなたの知らない
しおりをご紹介!

create このしおりを書いたライター

このライターのしおり