search

close
2018-05-15

横浜中華街でエッグコーヒーが楽しめる! ハノイの人気カフェ「CAFE GIANG」が日本初上陸


“エッグコーヒー”発祥の店として知られるベトナム・ハノイの人気店「CAFE GIANG(カフェ ジャン)」が、2018年4月23日、横浜に日本初店舗をオープンしました。

さっそく編集部も、噂のエッグコーヒーを飲みに行ってきましたよー!




エッグコーヒー発祥の店「CAFE GIANG」

写真:「【ベトナム】ハノイでオススメのおしゃれカフェ6選!噂のエッグコーヒーが美味しいお店も」(ライター:Salee)より

こちらの写真は、ベトナム・ハノイの人気カフェとして知られる「CAFE GIANG」本店。看板に “Since 1946” と書いてある通り、70年以上も前に設立された老舗カフェです。

写真:「【ベトナム】ハノイでオススメのおしゃれカフェ6選!噂のエッグコーヒーが美味しいお店も」(ライター:Salee)より

「CAFE GIANG」の看板メニューと言えば、滑らかな口当たりが特徴の「エッグコーヒー」(写真右)。濃いベトナムコーヒーの上に、卵黄とコンデンスミルクをクリーム状にしたものを乗せたドリンクで、日本ではなかなか見かけることがありません。

そんな新感覚のコーヒーが、横浜でも飲めるようになりました。70年以上もの長い歴史の中で、暖簾分けは今回が初なんだそう! 横浜店はハノイ本店に次ぐ2店舗目として、伝統の味を受け継ぎます。




元町・中華街駅から徒歩2分!

「CAFE GIANG」横浜店のアクセスは、元町・中華街駅から徒歩約2分。中華街で食べ歩きを楽しんだあと、休憩に訪れるのにぴったりの立地です。

店内は、木の温もりを感じられる落ち着いた空間。写真に写っているカウンター席のほか、ゆったりとしたソファー席や、ハノイ本店にあるものとそっくりな低いテーブルと椅子もありました。2階もあり、総席数は66席とのこと。

気になるメニューはこちら。
ほとんどがエッグクリームを使用したドリンクで、中には「エッグビール」などの珍しいアルコール飲料も! 苦味が苦手な方には「エッグココア」がおすすめだそうですよ。

▲「バインミー」(税込 520円)

フードメニューは今のところ、ベトナムのサンドイッチ「バインミー」のみ。ソースは甜麺醤(テンメンジャン)ソースとチリソースの2種類から選択可能です。

一口食べてみて、お肉の美味しさに驚きました。なんと、具材に北京ダックとチャーシューを使用しているとのこと。中華街ならではですね! パクチーもたっぷり入っているので、パクチストの皆さんにおすすめです。

▲「エッグコーヒー ホット」(税込 480円)

そして、こちらが看板メニューの「エッグコーヒー」! コーヒーが冷めないよう、下の器にお湯が入っています。やけどしないよう充分気を付けてくださいね。




エッグコーヒーの美味しい飲み方

店員さんによると、エッグコーヒーを飲むときのポイントは「下のコーヒーをすくい上げるように、スプーンで何度も良くかき混ぜて飲むこと」。少し時間が経つと再び綺麗な2層に分かれてしまうため、「何度も」混ぜる必要があります。

気になるお味は・・・ふわふわの甘〜いエッグクリームと、ビターなコーヒーが相性抜群! ベトナムのコーヒーは濃い目なので、クリームと混ざってもなお存在感があります。卵とコーヒーなんて合うの?と疑っている方、ぜひ一度召し上がってみてください。

エッグコーヒーはテイクアウトも可能ですが、お店の方は「少しでも時間があるなら、ぜひ店内で飲んでいただきたい。」とおっしゃっていました。店内でいただくほうがしっかりとかき混ぜながら飲むことができるため、エッグコーヒーの美味しさをより楽しめるそうですよ!




スイーツのようなコーヒー、ぜひお試しあれ!

「CAFE GIANG」日本1号店は、エッグコーヒーの他にも様々なアレンジメニューがあり、何度も足を運びたくなるカフェでした。皆さんも横浜の「CAFE GIANG」で、ちょっとしたベトナム気分を味わってみてはいかが?



store紹介した場所

CAFE GIANG(カフェ ジャン)

place

神奈川県横浜市中区山下町78-3
(GoogleMapで見るopen_in_new)
directions_transit
元町・中華街駅より徒歩約2分
access_time
10:00〜23:00

あなたの知らない
しおりをご紹介!

create このしおりを書いたライター

このライターのしおり