search

close
2017-10-13

【奥渋】ニュージーランドのコーヒーロースター「Coffee Supreme」が日本初上陸!


この秋、注目のコーヒーロースター「Coffee Supreme」が日本初上陸。 10月1日にオープンしたばかりの「Coffee Supreme Tokyo(コーヒースプリームトウキョウ)」へ、私も早速行ってきました!

「Coffee Supreme」は、ニュージーランドの首都・ウェリントンを拠点とするコーヒーロースターカンパニー。ニュージーランドは人口一人あたりの焙煎機の数が世界一多く、コーヒーが生活の一部となっている国だそうです。

オーストラリアのメルボルンやブリスベンにも店舗がありますが、オセアニア地域以外への出店は、なんと今回の東京が初!

公式サイトにある “私達が世界を考えた時、常に「日本」という存在が強くありました” という言葉に、なんだかちょっと嬉しくなりました。



場所は、お洒落エリア「奥渋」

「Coffee Supreme Tokyo」のアクセスは、代々木公園駅2番出口から徒歩6〜10分ほど。 お洒落なコーヒースタンドやカフェが多い、話題の奥渋谷(通称「オクシブ」)エリアにあります。

代々木公園も近いので、テイクアウトしてコーヒー片手にのんびりお散歩するのも良いですね。



気分は海外のお洒落シティー

明るく優しい色で統一された、お洒落な店内。スタイリッシュなカウンターには、気さくに話しかけてくれる爽やかな店員さん。

海外のお洒落なシティーで、行ったことのないカフェにふらっと入ってみたときのような、ドキドキとワクワクが入り混じった気分です。


テイクアウトされる方が多いようですが、今回は店内の席でいただきました。トレーも可愛らしい!

▲ Flat White(450円)

ニュージーランド発のカフェということで、ここはやっぱり「フラットホワイト」を。
フラットホワイトはエスプレッソベースのコーヒーで、ニュージーランドやオーストラリアではポピュラーな飲み方。日本でも最近じわじわと人気が出ているようですが、フラットホワイトの飲めるお店はまだまだ少ないのではと思います。

▲ Toast(300円)

こちらはシナモントースト。
出てきたときに、自分の知っているシナモントーストと全く違う見た目に驚きました。一見チョコレートのようなシナモンスプレッドが、甘じょっぱくてクセになりそう!



オクシブ散策のおともにいかが?

お洒落なカフェや雑貨屋、本屋、ミニシアターなどが集まる、目が離せないエリア「奥渋」。ぽっかりと予定の空いた休日は、ニュージーランド生まれの美味しいコーヒー片手に、お洒落エリアでゆったりとした時間を過ごしてはいかがでしょうか。


あなたの知らない
しおりをご紹介!

create このしおりを書いたライター

このライターのしおり