search

close
2017-07-29

ハネムーンだけじゃもったいない!リゾート好きなら絶対行くべき「ニューカレドニア」の魅力

ユネスコの世界遺産に登録されたほどの美しいラグーン、きらきらと輝く海、、
ハワイやプーケット、バリ、セブ島など、南国リゾートはたくさんありますが、今回はオトナのための島、ニューカレドニアの魅力をご紹介します。


意外と近い!? 時差はわずか2時間

ニューカレドニアまでは、日本から8時間。時差もわずか2時間と非常に少ないので、体への負担もほとんどありません。

日本とニューカレドニアを繋ぐエアカランの飛行機は、成田発の直行便が週5便、関空からも週2便就航しています。どちらに乗っても現地到着は夜なので、到着後はホテルでしっかり休んで翌朝に備えることができます。


つきぬけるような青い空と海が美しい

空気が綺麗で気候の良いニューカレドニアの空は、驚くほど美しいです。朝起きて窓を開けると見える、つきぬけるように青く綺麗な空。日々の忙しさも全部忘れて心の底からリフレッシュできること間違いなしです。

そして、いつまで眺めていても飽きることのない、広く穏やかで優しい海。この海の美しさに、あなたもきっと「やっぱり来てよかった」と思うはず。

1日の終わりには美しいサンセットもお見逃しなく。


こうだったらいいなが全部叶う!大満足のホテルステイ

ニューカレドニアには、一度でいいから泊まってみたい、魅力的なホテルがたくさんあります。

憧れの天蓋ベッドのあるお部屋、ビーチを眺めながらの優雅な朝ごはんが楽しめるレストラン、1日中のんびりしていたくなるプール、極上のスパ、、
理想の施設が全部揃う、そんなホテルがきっと見つかります。


新鮮な魚介やフランス仕込みのスイーツがおいしい

この島でぜひ食べてみてほしいのが、朝市などにある新鮮なオイスターや採れたてのフルーツ。現地の人たちにまぎれて自然のままの食材をいただけば、気軽にカレドニアン気分が味わえちゃいます。

ニューカレドニアのオイスターは日本のものに比べてさっぱりとしていて、いくらでも食べられそう。観光客にも現地の人にも人気の「天使の海老」と呼ばれる海老と一緒に、ぜひ召し上がってみてください。

フランス領ということもあり、ケーキやエクレア、クリームブリュレなど、スイーツも絶品。街で見つけたカフェやジェラートショップにふらりと立ち寄ったり、スーパーでお土産用にはちみつやチョコレートを探すのも楽しいです。



美しい景色、極上ステイ、おいしいごはん・・・ 旅に必要な全てが揃うのがここ、ニューカレドニア。南国リゾートでありながら、日本の夏のように湿度も高くないので、1日中からっとして過ごしやすいのも魅力です。

治安もよく、穏やかな時間の流れる美しいこの島。
あなたもぜひ一度、足を運んでみてはいかがでしょうか。


store紹介した場所

ニューカレドニア

あなたの知らない
しおりをご紹介!

create このしおりを書いたライター