search

close
2017-01-04

【表参道・渋谷】巷で話題のことりカフェ→鮮やか親子丼ランチで鳥を楽しむ!

かわいい系女子大生は、ケーキは大好物でもオムレツを見ると、「ヒヨコがかわいそう。」と言うとか言わないとか。さすがにそれは信じられない話ですが、自分で鶏を飼育して食べる機会がなければ生き物を食べている実感が薄いのも事実です。
ということで今回は、あえていただく生き物を鑑賞してから食事をする、『命に感謝する旅』シリーズの続編!テーマは2017年の主役(干支)でもある【鳥】です!またまた都内で話題のスポットを観光しながら、敢行してきました!

前回の『命に感謝する旅』はこちらです。

>>「【品川】雪の世界が楽しめる『SNOW AQUARIUM』→回らないお寿司ランチで魚を楽しむ!」

可愛いが詰まった、ことりに会えるカフェ

まずは可愛い小鳥たちに癒されに、南青山の骨董通りから少し入ったところにある「ことりカフェ 表参道」へ!このカフェに辿り着くまでにも、沢山おしゃカフェを見かけました。さすが表参道・・・!

お店の外からも鮮やかなインコたちが見えてしまい、ずっと眺めていられるのでなかなか中に入れません。

やっと扉を開けて店内に入ると、入口付近に広がっているのが小鳥モチーフの雑貨コーナー。モコモコ靴下や文房具、クッキーなどのお菓子類まで種類豊富な品揃えです。ここでも見入って立ち止まってしまい、またしてもなかなか先に進めません。

お店の1番奥には、鳥たちと触れ合うことができる「モフモフのお部屋」(有料)も用意されています。写真はオウムの太一くん。結構大きいです・・・。


小鳥が目と鼻の先!特等席は争奪戦

小鳥たちを間近で観察するべく、私たちはインコのいるガラス張りのお部屋のすぐ横の個室に、潜入しました。

壁にかかっている絵もいちいち可愛いくて、テンションが上がります。

そして!私たちの席の真横には、鮮やかなメロン色のインコたちが!!ガラス1枚を挟んで、すぐそこの距離です。他の席のお客さんは立ち上がって、インコの部屋のそばまで歩いて来て観察しているのですが、この特等席なら座ったまま横を向くだけでこの近さ!

4羽とも仲良しで微笑ましい・・・。日常から離れた空間で出会う小鳥たちは、癒し効果抜群です!


食べるのがもったいない!胸キュン♡スイーツ

友達がオーダーしたドリンクに付いてきたのは、この可愛いことりクッキー。食器も全部、鳥モチーフで集めたくなります。

私がオーダーした方のケーキセットを待っていると、何やら鳥カゴを抱えた店員さんが部屋の中へ・・・。

なんと、鳥カゴの中身はオーダーしていたメンフクロウのケーキです!カゴでスイーツが運ばれて来るなんてお姫様の気分。お洒落な演出に大興奮です。

アールグレイのクリームに爽やかなマスカルポーネのムースがぴったりで、見た目だけじゃない美味しいケーキです。

伝票入れもミニ鳥カゴという徹底した可愛さに、最後まで感動してしまいました。

思ったよりも男性のお客さんが多く、外国人の団体さんもいらっしゃいました。静かな通りにあるにもかかわらず老若男女が幅広く集まる人気の隠れ家。吉祥寺、巣鴨、大阪心斎橋にも店舗があるので、お近くの小鳥たちに癒されに行ってみてはいかがでしょう。


TVの常連!鮮やかな卵が眩しい親子丼

可愛い小鳥たちにはしゃいだ後の私たちが向かったのは、渋谷の鶏料理屋さん「はし田屋 本店」。ことりカフェからも、お散歩がてら歩いて行ける距離にあります。

ここのランチメニューの目玉は、TVで何度も放映されたという「名物親子丼」!看板も出ています。
店内は1階がカウンター席、2階がテーブル席になっていて、あまり席数が多いとも言えないためお昼時は特に混雑しそう。

カウンターに座るとすぐに、威勢のいい店員さんたちが声をかけてくれます。メニューはどれも魅力的で悩みますが、ここはやっぱり「名物親子丼」でいきましょう!+50円で付けられるスープが絶品と噂だったので、そちらもオーダーしました。
ランチタイムはこのお手頃なお値段ですが、夜の宴会コースのメニューを覗いてみると5,000円~と、学生の私は普段足を運ばないようないいお店。

そしてしばらくするとついに!蓋のされたお椀で、親子丼がやってきました。ドキドキしながら開けてみると・・・。

見てくださいこの鮮やかなオレンジの黄身!卵on卵という贅沢な光景に、目が離せなくなります。とろとろの卵に絡まる柔らかいお肉と、アツアツごはんが幸せの味です・・・!
そして噂のスープ。決してインパクトのある濃い味ではないのですが、何杯でも飲みたくなるような、優しいお味に癒されます。一言でいうと絶品です。

鳥ってすごい。観ても食べても癒される、最強の癒し系動物でした。
今回もまた、「いただきます。」と「ごちそうさま。」を鳥たちの姿を思い出して、いつもより気持ちを込めて言いました。美味しい卵とお肉をありがとうございます!!

いかがでしたか。ことりカフェと親子丼、あえて同じ日に行くのも感慨深いですし、もちろん単体ずつでも十分楽しめます。癒しのパワーをもらえる鳥たちに、ぜひ会いに行ってみてください!

あなたの知らない
しおりをご紹介!

create このしおりを書いたライター

このライターのしおり